御仏前と御霊前の違いとは?意味が分かれば納得できる

不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)には、御仏前御霊前の短冊が入っていますが、この使い分けの意味をご存知でしょうか?

gobutuzen

これって知らないとよく分からないと思うのです。
わたしも最初はどう使い分けるのだろう?と悩みました。

だって、こういうものだと思っていても、地域や宗教によって違いも出てきますからね。
一度、理解しても「・・??」となっていました。

でも一般的な仏教の意味を覚えておくと、その言葉の違いには納得ができます。

地域・宗派の違いで例外もあることも念頭にいれておけば、慌てることもありません。

今回は、この御霊前と御仏前の意味の違いについて見ていきます。
万が一に備えて、例外に当てはまるのか、分からない場合はどうするのか?という点もお伝えしていきますよ。

スポンサーリンク

どちらを使うのか、その見極めのポイントは亡くなられてから何日経っているかということ。
このポイントが頭に入っていれば、もうどちらにするべきか悩むこともなくなるでしょう。

また、地域・宗派によっては、一部例外な場合もあるので、そちらも後ほどご紹介します。

御仏前と御霊前の使い分け【見極めるポイント】

早速お伝えしますが、見極めるポイントは、四十九日です。

仏教では、亡くなった人の魂は、亡くなった後の七週間(四十九日)、あの世とこの世をさまよっていると考えられています。(この七週間を中陰【ちゅういん】と言います)

つまり、49日間は成仏していない状態なのです。

なので、お通夜や葬儀・告別式など49日間までは、「霊」の字が入った【御霊前】を使います。

そして49日の間は、7日目ごとに生きていた時代の審判が行われ、罪が裁かれると言われています。
なので、家族は無事に成仏できるように、追善供養を行うのですね。

さまっていた霊が成仏されるのが四十九日

【御仏前】は、四十九日の当日から、その後の法事に「仏様の前に供える」という意味で使うのです。

御霊前

亡くなった日から四十九日まで

御仏前(御佛前)

四十九日の当日からの法事

しかし、一部地域・宗派では例外があるので注意が必要です。

いろいろな考え方があるので、従うことがお勧めですが、どうしたら良いのか分からない場合もあるでしょう。
そいういったことも含めて、今度は例外パターンもお伝えしていきます。

スポンサーリンク

御仏前と御霊前の使い分け【例外パターンには】

tanzaku

先程、四十九日の忌明け法要当日から、【御仏前】を一般的には使うことをお伝えしましたが、地域・宗教の差で一部例外もあります。

例えば、四十九日でもこんな考えの違いがあります。

  • 四十九日は、亡くなられた人が成仏できるように、僧侶に読経を上げていただくので、まだ成仏していないとする考え
  • →【御霊前】とする

  • 四十九日の前に法要される場合に、成仏されたとする考え
  • →【御仏前】とする

  • 四十九日の前に法要される場合には、まだ中陰で49日の間なので成仏していないとする考え
  • →【御霊前】とする

ちょっとややこしいですが・・
一部地域では、四十九日の法要時にも御霊前とする考えがあるようです。

また、最近では四十九日の前に法要されることも、多くなってきました。
その場合にも、このように考えが分かれる場合があります。

また、浄土真宗では、お通夜や葬儀に【御仏前】を用いるそうです。

このような考えの違いは、最初は分からないものですね。
もし、お聞きできる方が周りにいらっしゃれば、どのようにされているのかお聞きして、従うことをお勧めいたします。

でも、もしどうしても分からない場合はこのようにされてみてください。

どうしても分からない場合には

【御香典】

金品を包む場合には、この表書きでも大丈夫です。

結婚されて、初めての法事の際にはこういったことを確認されることも大事ですね。

ちなみに、わたしは普段こういったことで分からなくなったとき、こちらの本も参考にしています。
最近の事情が分かり、誰かに質問する前段階に役立っています。

2016年に最新版も出たので、購入されるならこちらがオススメですよ♪

では、最後に御仏前と御霊前の違いについて、もう一度まとめてみたいと思います。

うめのまとめφ(.. )

  • 一般的に亡くなられた日から四十九日までは、【御霊前】
  • 四十九日の当日からの法事には、【御仏前】
  • しかし、一部例外もある
  • 地域・宗教の考えに従うことが大切
  • どうしてもわからない場合には、【御香典】の表書きを使ってもよい

いかがでしたか?

こういったことって一見難しそうに思えます。でも、知ってしまえば納得できた意味合いだったのではないでしょうか。

地域差や、宗派によって違いが出てくるのは、当然のこと。
関東と北海道では、これだけでなく、日々たくさんの違いに驚かされます。

旦那様やご家族に確認できるようでしたら、地域の考え方を教えていただくとよろしいかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)