ダイニングテーブルとソファをリビングで!使いやすい高さはこれ!

我が家は1LDKのアパートなんですが、リビングとダイニングは一緒くたで、ほとんどダイニングは無い間取りです。

この空間をどう活かすか、雑誌を見たりして主人と一緒に悩んだ結果・・
カフェみたいな感じでソファで寛げるけど、ご飯も食べれるみたいにしようとの意見で一致しました(^^)

ribingu2

色々な形に変えられるコーナーソファにすれば、お客さんが数人来たとしても、皆でテーブルを囲んだり、動かせば向かい合わせにもできるし、2人で足を伸ばして映画も見れたりできそうで、使い心地のイメージはとっても良さそうです。

ですが、ソファやテーブルの使いやすい高さってどんな感じなんだろうとの疑問が。

ご飯も食べやすいテーブルの高さと、姿勢の悪くならないソファが必要となってきます。
寛げる、ソファの柔らかさも欲しい・・

ということで、夫婦で調べてみることにしました(^^)
それらを元に実際に購入したソファとダイニングテーブルの写真も少しですが載せています♪

どうしようかと検討中の方へ、少しでも参考になれば嬉しいです(^_^)

スポンサーリンク

まずは、わたしが調べたテーブルとソファの高さについてお伝えしていきますね。
その後に、我が家で使っているソファなどをご紹介していきます(^^)

ご飯が食べやすい、ソファとダイニングテーブルの関係

一般的なダイニングテーブルとイスの高さから押さえておきましょう。

  • 国内の一般的なダイニングテーブルの高さは、約70cm
  • それに対し、イスの座面の高さは約40cm

このことから基準となるのは、約30cmの高低差ということが分かります。

そして、いろんな種類のソファの座面を調べたところ、国内のソファは38cm~40cmが主な高さでした。

こうなると、高低差は約30cmと先程と同じになりますが、ダイニングチェアと違ってソファは沈み込みがあるのを忘れてはなりません。

もしわたし達のように、柔らかいソファにしたいとお考えの場合は、高低差は25cm以下のほうが、個人的には使いやすく感じます。

ribing3

我が家の場合

わたし達はダイニングテーブルの中でも、高さが低いものを探しました。

お世話になったのはニトリさん。わたし達が伺ったときには、66cmが最も低いダイニングテーブルでした。

別のお店で気に入ったソファの高さは40cmの、ゴロゴロするのに良さそうな柔らかめのタイプ。
柔らかすぎ?とも悩んだのですが、気に入りすぎてコレに決定しました。

ですが、どうがんばっても高低差は26cmにしかならず、テーブルの圧迫感を感じないとは言えません

そこで我が家では、ソファに座布団を敷き、約45cmにして使うことにしました♪

zabu16

これなら、姿勢も敷かないよりは安定しますし、食事をするのも全く問題なく使えています(^_^)

スポンサーリンク

まとめ

ポイントをおさらいがてら、もう1度まとめておこうと思います(^^)

  • 柔らかいソファとダイニングテーブルで食事をするなら、高低差25cm以下がお勧め!
  • テーブルはなるべく低いものや、高さを変えられるようなものがお勧めです。ソファの沈み込みも計算に入れましょう(^^)

  • 大人が使う分には、全く問題ない!
  • 我が家のように大人だけなら、すごく快適だけど、お子さんが居る家庭では身長差があり過ぎて、使い勝手が悪いかもしれません。

ダイニングテーブルとソファは、結構使い心地がよくて、お気に入りの空間になりました(^^)
高さを考えてあげたら、問題なしでしたね。

心配な方は、高さを変えられるテーブルがお勧めですよ♪
居心地が良いだけに、ゴロゴロし過ぎないように注意しないとです(汗)

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)