風邪予防!喉の痛みからくる人必見!この2つを試してみて!

いつも風邪の始まりは、喉のイガイガ
飲み物を飲むと寒気がしてきて、そのまま本格的に風邪を引いてしまうことが多く、ずっと悩んでいました。

nodo2

風邪予防として、しっかり掃除したり栄養を摂ったり、軽い運動をしたりと、自分なりには精一杯やっているつもりでも、風邪を引いてしまうのが情けなくて情けなくて・・

それで、去年の秋・冬は本当にどうにかしたい!と思って、2つの方法を取り入れてみたんです。

そしたら、見事に去年は1度も風邪を引くことは無く、『あ~風邪こじらせそう』と感じても、すぐに立て直すことができました(^^)

全ての方に効くかはわかりませんが、どんな方でも取り入れやすいので、わたしのように《いつも喉のイガイガや寒気から来る・・》と悩まれている方には、ぜひ一度試してみていただきたいです♪

スポンサーリンク

これからご紹介する方法は、東洋医学を学んだ知人に教えてもらった方法です。

  • 秋のうちに食べて、風邪を引きにくい体にする食材
  • 毎日、行って風邪を予防する方法

この2つをご紹介していきますね(^^)

秋のうちに食べて、風邪を引きにくい体にする食材

喉から風邪を引きやすい人って、気管支が弱い人に多いんだそうです。

気候の変化が変わる秋や、急に寒くなった時期に、風邪をこじらせることって多くないですか?

季節の変わり目に風邪を引きやすいのは、気候の変化が体の負担となって、変わる季節に対応できず、体力の低下や免疫力の低下からきていることが多いんです。

そして、秋は一気に乾燥する季節

人間の体も同じで、夏に汗をかき過ぎると体液も不足気味になって、秋の乾燥とダブルパンチで、喉のイガイガに繋がってしまうのだそう・・

なので、それを補ってくれる【体(肺)を潤す食材】を食べておくことで予防に繋がるんです。

nodo3

では、秋に何を食べて風邪予防するのか?
おススメ食材を見ていきましょう(^^)

スポンサーリンク

体(肺)を潤す食材

一番のおススメ食材は

肺を乾燥から守り、体を潤す効果が高い食材です(^_^)秋に食べておくことで、寒~い冬に喉からこじらせる風邪予防になります。

nodo4

秋の薬膳を習いに料理教室へ行くと、調理に梨が使われていることも。
知人と行ったときには、梨とチーズのリゾットを作り、加熱して食べたことがなかったわたしはビックリ。

意外と合って美味しかったです♪もちろん調理に使わず、そのまま食べても効果はありますよ(^^)

その他の肺を潤す食材

その他のおススメ食材はこちらです(^^)

  • 林檎
  • 蜂蜜

蜂蜜は、1日大さじ2杯程の摂取で十分だと、料理教室の先生はおっしゃっていました。
これなら、普段から飲み物に加えたり、料理に使ったりと取り入れやすいですね(^^)

では、次に毎日行うことで風邪を予防する、とっても簡単な方法をお伝えします♪

毎日、行って風邪を予防する方法

喉から風邪を引きやすい方は、気をつけて温めていただきたい箇所があります。
それは

首は体感と繋がっているので、ここを温めると全身を温めることができるんです。

また、首を温めることで、外からのウィルスといった菌の増殖を防ぐ効果もあるので、『ちょっと喉やばいかも』といったときに温めてあげると、症状が和らいだことも多かったです。

外出する際にも、首を冷やさないような格好が一番。(秋はストール、冬はネックウォーマーなどで冷たい風をガード)

そして、朝起きたときに『喉が変だな』と感じることも多かったので、お布団の上から、モコモコのひざ掛けを首周りにさらにかけて、外気が入らないようにして寝ていました。

もし寝相が心配だったら、ネックウォーマーやパジャマで工夫するのもおススメですよ♪

nodo5

寒気がしたときも、これで早めの時間にぐっすり眠ると、翌朝には調子がよくなっていました(^^)

また、首のほかにも手首と足首を冷やさないことも重要です。これら3つの首は、太い動脈が皮膚の近いところにある為、体温が逃げやすいんですね。

女性はお仕事でハイヒールを履かなければいけないときも多いと思うのですが、熱は上に上がっていく性質があるので足首は特に冷えやすい箇所。

レッグウォーマーができたら一番ですが、冷えてしまったときは、足首をグルグルまわしたり足湯などしたりして、気を配ってあげることで冷え性改善にも繋がりますよ(^^)

おわりに

いかがでしたか?

喉からくる風邪には、首を温めるのが一番効果があるなぁと個人的には思っています。

調べてみたら、ボイストレーナーの方など、声のお仕事をされている方も実践されているようです♪
温めるときは、隙間風が入らないように気をつけてくださいね(^^)

早め早めの対策で、体を潤わせる食材も、ぜひ積極的に摂ってみてください♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)