キッチン排水口の掃除方法!ゴミ受けなどの部品も綺麗にするには?

キッチンの排水口のお掃除って、どのくらいのペースでやられてますか?

haisuikou

わたしは今まで、気が向いたらやってました(汗)
なるべく見たくないし、かといって放っておくのは・・という苦手な掃除場所だったんです。

でもココって、すぐ汚れる・臭う原因になる場所ですよね。
湿度も温度も高くなる季節には、このままの掃除頻度だとキツイかも・・と思い始めました。

なのでもっといい方法はないものかと、お掃除の本を何冊か読んでみることに。

そしたら・・掃除がぐっとやりやすくなったんです(ノ´▽`)ノ
どうやら今までは、汚れが簡単に落ちず『こんな面倒なのは嫌だ』と毛嫌いしていたようです。

今回もナチュラル洗剤で排水口の汚れを落としていきます。
手順など参考になれば嬉しいです(^^)

スポンサーリンク

今回は、ブラシを使って磨く普段のお掃除方法と、排水口の中を簡単に掃除する方法2つをお伝えしていきますね。
まずは用意するものから見ていきましょう♪

キッチン排水口のお掃除に必要なもの

kako-YlATa5N62Dd4QGAh

  • 重曹
  • クエン酸溶液
  • 古歯ブラシ(または細かい部分を洗えるブラシ)
  • スポンジ

もし、重曹とクエン酸が家に無かったら、食器洗いに使う液体石鹸でも可能ですよ♪

重曹を用意されるときには、こんな容器もあると便利です。

haisuikou2

100円ショップ(ダイソー)で購入した調味料入れなのですが、出したい量を調節できるので助かってます(^^)

また、クエン酸溶液はこのように作ってみてくださいね。

クエン酸溶液の作り方

水200ccに対して、約小さじ1/2を入れます。
クエン酸は水に溶けやすいので、軽く混ぜればOK。スプレーボトルに入れると使いやすいです。

kuensan

では、掃除手順を見ていきましょう♪

キッチン排水口【普段のお掃除手順】

  1. まずは蓋・ゴミ受け・臭気止めの蓋などの部品を外します
  2. haisuikou3

    この臭気止めの蓋の裏側などが、汚れやすいんですよね~( ▽|||)

  3. そして、重曹を振りかけ・・
  4. kako-WaH588ZKlg1sWmeU

  5. クエン酸溶液をかけて発泡させます
  6. kako-QLsWhsUeshddDhNO

  7. 歯ブラシやスポンジを使って、こすり洗い流したら完了です
  8. kako-7zAIQsMWBz2ACYWB

    kako-fyhJxZvQ7iE4Ysvk

    軽い汚れは発泡効果で落ちてしまいますが、頑固な汚れはブラシでこすります(^^)

    ゴミ受けのような目の細かい部分は、古歯ブラシなどを使うと汚れが落ちやすいですよ。

この方法は、手の届く範囲で排水口の中も応用できます。

haisui

部品の汚れを落とす際に、こちらもササッと磨くと臭いが激減しますよ♪

でも、手がなかなか届きにくい・・そんなシンクもありますよね。
そんなときはお湯を沸かして、次にご紹介する方法を試してみてください(^^)

スポンサーリンク

【簡単】排水口の中のお掃除に必要なもの

kako-nh2cKz4hGWtYplbt

  • 過炭酸ナトリウム
  • ラップ
  • 輪ゴム
  • やかんや鍋など(お湯を沸かすもの)
  • ゴム手袋

では手順をご紹介していきますね♪

【簡単】排水口の中のお掃除手順

  1. まずはお湯を沸かします
  2. kako-YWgYAEV8aw0tR7YC

  3. そして、ラップで排水口を覆って塞ぎ、輪ゴムで止めます
  4. kako-PIuuULlwv3owVwdg

  5. この中に、約小さじ1杯強の過炭酸ナトリウムを入れます
  6. kako-mhLzLbah62W6kMZL

  7. お湯が沸いたら、輪ゴムが外れないように、ゆっくり注いでいきます
  8. kako-1utknSHwy33e1kl4

    過炭酸ナトリウムは、60℃のときに最大の効果を発揮するので、お水ではなくお湯を注いでくださいね。

  9. この状態で冷めるまで浸け置き後、外して完了です
  10. kako-zmUEOYQG7oEWb0I1

    手が荒れる可能性があるので、外す際にはゴム手袋を着用してくださいね。
    また、ラップや輪ゴムが流れないように気をつけください

この方法は簡単ですが、ぬめりや黒ずみがスッキリしますよ~(^^)

では、なぜこの洗剤でのお掃除がおススメなのか、汚れの特徴と一緒に解説していきますね。

シンクの排水口に重曹などが効く理由

汚れや臭いで考えてみると、

  • 生ゴミなどの臭い
  • 油汚れ
  • 湯垢

これらは酸性の汚れ・臭いです。
なので、真逆のアルカリ性洗剤を使えば、綺麗になるということ。

重曹・過炭酸ナトリウムはアルカリ性なので、スッキリ汚れを落とせるという訳です。

また、重曹はクレンザー代わりとして使用できるので、汚れもカビも落としやすくなります。
そして過炭酸ナトリウムは、除菌効果もありますから、日によって使い分けても良さそうです(^^)

そして、クエン酸は酸性です。
この汚れに効くのは・・

  • 水垢
  • 石鹸カス

これらの汚れはアルカリ性なんですね。
なのでクエン酸を使うと、こういった汚れも柔らかくなるんです。

過炭酸ナトリウムで浸け置きしなくても、クエン酸には抗菌作用があるので安心ですし♪
何もつけずにこするだけでも、見た目はもちろん綺麗になりますが、やはりこういった洗剤を使うとスッキリしますね(^^)

重曹・クエン酸・過炭酸ナトリウムは、常備されておくと凄く便利なナチュラル洗剤です♪

では、最後に今回のポイントをまとめてみたいと思います。

うめのまとめφ(.. )

シンクの掃除には

  • 重曹とクエン酸溶液をかけて、磨いていく
  • 手の届かない排水口内は、過炭酸ナトリウムとお湯で浸け置きする
  • 浸け置き時には、ラップと輪ゴムで排水口を塞ぐ

キッチンの排水口を、この機会に毎日覗いていたのですが、思った以上に早いスピードで汚れるなぁと感じました。

なので、重曹とクエン酸スプレー、過炭酸ナトリウムはシンク下に常備しました。
お湯が余ったときや、シンクに洗物が溜まっていないときは、すかさず掃除のチャンスですね♪

汚れを溜め込まない程度に、お掃除していきたいと思います(^_^)

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)