お中元とはどういう意味があるの?両親にも贈るべき??

お中元ってなぜ贈るものかご存知でしょうか?

ochuugen

わたしは、暑い夏を乗り切るために、お世話になってる方に贈るものかなと勝手に解釈していました(゚ー゚;A

北海道に引っ越してきてから、どちらの両親も離れて暮らしているので、お中元は贈るべきなのか?
最初の年は悩んだものです。

でも調べてみたら、お中元の意味合いなどをしっかり理解した上で、相手のことを考えればいいということが分かりました(^^)

今回は、お中元の意味合いと両親への贈答について、まとめてみます。

スポンサーリンク

まず、どうしてお中元の贈答行事が行われるようになったのか、見ていきましょう。
その後に、贈る人についても確認していきたいと思います(^^)

お中元の意味合い

お中元というのは、日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを表す贈り物です。

1年の上半期の区切りとして、半年間のお礼の気持ちを込めて、贈るものなんですね。
年末にお歳暮を贈るのも、お中元と同じで感謝の気持ちを表す贈り物です。

この贈答行事が行われるようになったのは、中国の風習が関係していました。

お中元が日本の贈答行事になった歴史

古代中国の道教に、三官信仰(さんかんしんこう)というものがあり、天神を【三元】の日に祀っていた行いがありました。

三元の日というのは、3つあり、それぞれの日にお生まれになった神様を祀っていたそうです。

三元

  • 上元(1月15日)・・・天神様
  • 中元(7月15日)・・・慈悲神様
  • 下元(10月15日) ・・水宮(水と火を防ぐ神様)

それぞれ、この日に贖罪(※)という、神を祝う風習がありました。

(※)贖罪(しょくざい)とは??
代償物によって罪をあがなうこと

一方、日本では御魂祭(みたままつり)という、年に2回(お盆と年末)にご先祖様の霊を祀る行事があり・・

中元の慈悲神様と、日本の7月15日に行われるお盆の行事が結びついて、日本に伝わったとされています。

そして7月15日に仏様に供える供物を、親戚や隣近所に贈る習慣ができ、江戸時代に庶民一般の贈答行事として広まって、今のお中元となりました。

今でも、中元と言わずに、盆供・盆礼と呼んでいる地域があるのは、そのためなのだそうです。

日本の行事って、中国と関わっていることが多いですが、お中元もだったんですね!
では、今度は贈る人についても確認してみましょう(^^)

スポンサーリンク

お中元を贈る人

ochuugen2

一般的には、このような関係の人に贈ることが多いそうです。

  • 親戚
  • 恩師
  • 会社の上司
  • 主治医
  • 習い事の先生
  • など

日頃、お世話になっていて、感謝したい人・義理のある人・離れて暮らしている両親にも贈る人はいるようですね。

でも注意したいのは、お中元を贈ったら、毎年贈ることが基本なのだそう。
お歳暮もあるので、年に1回にしたい場合は、お歳暮のみにすることが一般的なようです。

もし、毎年は・・といった場合には、表書きを【御礼・お礼・謝礼・感謝・こころばかり】として贈るとよいそうですよ。

では、両親にはどうしたらいいでしょうか?
一般的にどうなのか確認しながら、我が家のパターンも少しご紹介します(^^)

両親にお中元を贈るべきか?

ochuugen3

今回、調べてみて、お中元は贈る人へ感謝の気持ちを贈るということを知りました。

でも一方的より、受け取る相手のことを考えるマナーも大事。

ちょっと脱線しますが、ドラマ3年B組金八先生の中で、真面目な金八先生が一軒一軒、お中元を生徒の家に返しに行ったシーンがあったとか・・

相手を困らせてしまっては申し訳ないですし、各家庭の状況で贈るかどうか考えればいいと思います(^^)

仕事が忙しくて、なかなか実家にも帰れない。
贈り物もあまりしない・・
なんてときは、感謝の気持ちを伝えるチャンスではありますし♪

我が家は、全員のフランクな付き合いがしたいとの希望から、お中元は無しという流れになりました。
でも、その分ちがう形で、感謝の気持ちは伝えていきたいなぁとは思ってます(^_^)

兄弟がいるなら、贈るかどうか合わせることもできますし、各家庭の風習や性格を考えて、皆さん決められているようですよ。

要するに、両親にお中元を贈るかは各家庭次第ってことですね(^^)

うめのまとめφ(.. )

お中元とは

  • 日頃、お世話になっている方へ感謝の気持ちを贈るもの
  • 両親へ贈るかは、各家庭で決めてよい
  • (それぞれの家庭の風習・兄弟はどうしているか・性格などを考慮して)

結婚すると、こういった贈答行事ってどうするべきか悩みますよね。

特に両親へだと、そういった風習を重んじる考えもあるでしょうし、他人行儀で嫌という考えもあるでしょうし
どういった考え方なのか、汲み取れたら一番ですよね。

今回、調べてたら1度贈ったけど、「気を使わないで」と言われて、次回から贈ってないといった意見もありました。

最初は失敗したくないなと思いますし、言われたらショックでしょうけど、こうしてちょっとずつ分かり合っていくものなのかなとも感じ・・

たとえ両親にお中元を贈らなかったとしても、誕生日・父の日・母の日などで、感謝の気持ちを伝えるスタイルがあってもいいのではと思いました(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)