お中元を贈る時期のマナーは?遅くなった場合はどうするの??

『お中元を贈ろう!』
そうなったときは、いつ贈るべきなのでしょうか?

ziki

贈るタイミングは、しっかり抑えておきたいですよね。

ですが、調べてみて凄くややこしかったです(゚ー゚;A
というのも、全国の地域ごとで贈る時期が違ったんですね・・

贈る地域によっては、最適な時期が違うようですので、失礼がないように覚えておく必要があるようなんです。
また、贈る時期が遅くなったときは、のしの表書きに注意することも必要みたい。

覚えるのが少し大変そうですが、今回は・・

  • 地域別の贈る時期
  • 遅くなった場合どうするか?

といった点を、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

わたしは、すごくややこしく感じたのですが・・
必ず地域差で決められている時期に贈らなければいけないという訳ではないようです。

というのも、最近では交際範囲が広くなって、お中元が集中的に届くことを避けたり、他の地域に合わせるといった意味で、早めに贈る場合もあるそうなんです。(または配送業者の手配ができなかったりして)

でもそうなると、実際どちらが相手の為になるかな?って迷いますよね(゚ー゚;A
もし悩んでしまったら、やっぱり地域差の範囲内で贈ると間違いないのかなと思います。

これからご紹介する【贈る時期】については、世間のそういった傾向も存在することが分かった上で、ご覧になってみてください(^^)

地域別のお中元を贈る時期

全ての地域の期間をざっくり確認してみたら、大体この辺りと覚えておけば良さそうということも分かりました。

ただ、九州と沖縄だけは少し特殊なので気をつけたほうがよいでしょう。
では、時期について確認してみましょう♪

地域 時期 特徴
北海道 7月15日~8月15日が一般的
東北 7月初旬から7月15日が一般的
北陸 2パターンに分かれる。
7月初旬から7月15日の地域と、
7月15日~8月15日
都市部など広い範囲では関東と同じ時期。
それ以外では北海道と同じ時期の傾向がある
関東 7月初旬から7月15日が一般的 6月20日頃から贈り始める人もいる
関西 7月15日~8月15日が一般的
東海・四国・中国 7月15日~8月15日が一般的
九州 8月1日~8月15日が一般的 他の地域の影響により7月中に贈る人も増えている
沖縄 旧暦の7月15日まで お盆を旧暦で行うため、この日までに贈る

お盆の時期が地域によって異なるため、このようにバラバラなのだそうです。

でも、わたしの実家・埼玉のお盆は8月なんですが、お中元は7月中なんですよね。
お盆の行事と結びついたお中元のはずが、複雑でややこしいですσ(^_^;)

また、これらが一般的な時期の目安ですが、全国的に送る時期が早まっている傾向があるのだそうです。

東京・神奈川などを中心に、6月20頃から送り出す人も増えていたり、他の地域と合わせる人が増えてきているみたいですよ。
なので期間内であっても、ギリギリではなく余裕をもって早めに贈ったほうが良さそうです。

大体7月15日と重なる地域が多いので、わたしはその日を一つの目安として、九州と沖縄は特殊と覚えています。

沖縄に贈る場合には、毎年お盆の日程が旧暦に合わせて変わるので、贈る際にはチェックが必要です。

では、どうしても贈る時期が遅くなってしまった場合は、どうしたらいいのでしょうか?
そんなときは、表書きに注意して贈ればOKなのだそうです(^_^)

今度は、そちらも確認しておきましょう♪

スポンサーリンク

贈る時期が遅くなった場合

贈るタイミングが遅くなってしまったら、お中元を贈れない訳ではありません。

表書きを【御中元】ではなく、【暑中御伺】として贈るようにしましょう。

ochuugen

ただ、時期を考えて、暑中御伺でも遅いようなときには、【残暑御伺】の表書きで届けます。

今までの地域期間の目安でご説明すると、このような感じです。

  • 6/20頃~ ⇒ 早めの御中元
  • 7月初旬~7/15(または8/15) ⇒ 御中元
  • 7/16~8/6頃まで ⇒ 暑中御伺
  • 8/7頃(立秋)~9月初旬 ⇒ 残暑御伺

暦の上では立秋が過ぎていても、残暑が厳しいときなどは、9月初旬までは残暑御伺の表書きで贈るそうです。

ただ、人によっては9月初旬だと遅すぎると感じる方もいらっしゃるようですので、こちらも余裕をもって考えておいたほうが良さそうですねσ(^_^;)

ochuugen2

結構、時期についてはややこしかったのではないでしょうか?

今は他の地域に合わせて、贈る時期が早まっている傾向があるので、あまり神経質にならなくても大丈夫な気がしますが、表書きのマナーはぜひ覚えておいてくださいね(^^)

ちなみに、わたしは何か贈答行事があるときには、こちらの本を参考にしています。
(2009年出版のものを持っているのですが、最新版が出ていました!何か変わった点も多いのか気になります。う~ん、もう1冊買うべきか・・)

こういった本が1冊あれば、すぐ調べたいとき、サッと調べられてとても重宝しますね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)