鰯の頭を節分の日に飾る理由!どうして柊もセットなの?

それぞれの地元での節分の話で、主人と盛り上がっていたら・・
イワシの頭を飾る、柊鰯(ひいらぎいわし)を知らないと言われました。

iwasi6

北海道では馴染みのない風習のようです。

なので、柊鰯を飾ることを説明していたのですが、興味津々な主人に由来まで聞かれちゃいました。
・・由来?そこまでは知らなかった「(゚ペ)

ということで、夫婦でリサーチしてみました(^^)
なぜ、節分に柊と鰯を飾るのか、詳しく説明できるようになっちゃいましょう♪

スポンサーリンク

鰯(いわし)の頭を柊(ひいらぎ)と一緒に飾る習慣って?

主人に見た目が気持ち悪いと言われた、柊鰯(ひいらぎいわし)。

他にも、呼び方はいろいろとありまして・・

  • 焼嗅(やいかがし)
  • やっかがし
  • やっさし
  • 柊刺し
  • 鬼の目刺し

など、地域によって様々です。

柊鰯とは、こんな風に焼いた鰯の頭を、柊の葉がついた枝で刺し、玄関先に飾るという風習です。

iwasi2

諸説ありますが、鬼は鰯の匂いが嫌いな為、家に寄せ付けないという言い伝えがあります。焼くことで、匂いを強くして追い払っているんですね。

また、柊の葉が付いた枝を使うのは、万が一、鬼が近寄ってきたときに、柊の葉で鬼の目を刺し、退治するという役割があります。

結果、鬼を家に入らせない・寄せ付けない、鬼除け効果があるんです。

他にも、地域によっては、鰯の匂いで鬼を誘き出し、柊でやっつけると言い伝えられている場所もあります。

こう聞くと、「目を刺す」ですとか、怖い表現がありますが・・
昔の人の考え方はこういうことだったのです。

スポンサーリンク

昔からの考え方

昔は【鬼】というものを、邪気の象徴として考えていました。

災いや病・悪いことが起きるのは、全て鬼の仕業とされていたのです。そして、災難から逃れるために、鬼退治をする風習が生まれました。

この風習はいつから?との疑問もでてきますが・・
平安時代には、この風習があったことが分かっています。

紀貫之の『土佐日記』には、次のように柊鰯の元となる風習について書かれています。

小家の門の端出之縄の鯔の頭、柊らいかにぞ。とぞいひあへなる

(土佐日記より引用しました)

  • 端出之縄(しりくべなわ)とは、注連縄
  • 鯔(なよし)は、ボラの子

を意味しています。

また、江戸時代の文献にも、柊鰯のことは綴られています。

中むかしよりは鯔をいはしにかへ用ゐたりしは藤の為家郷の歌に、ひひらぎにいはしをよみ合せ給へるものによれば、是も六百年前よりの事なり

(古今要覧稿より引用しました)

昔は鰯ではなく、鯔(ボラ)だったようですね!

そして明治時代、古事類苑の節分の記述にには・・

立春の節の前日なり 今宵門戸に鰯のかしらと柊の枝を挿て邪気を防ぐの表事とし

(古事類苑より引用しました)

とあり、鯔(ボラ)から鰯(イワシ)に変わっていますが、なぜイワシに変わったのか・いつから変わったのかということは現在でも分かっていないようです。

とはいえ、平安時代からこういった風習があったとは驚きでした(^^)
昔から家族が幸せに暮らせるように、鬼を追い払っていたのですね。

iwasi3

柊鰯の現在

平安時代から風習があった柊鰯ですが、北海道のように全国でも風習が広まっていない地域もたくさんあります。

「え?なにそれ?」という反応が返ってくることも多いでしょう。

そして、近年ではマンションやアパートに暮らす人も増えて、飾る風習から鰯を食べる風習に変わってきている傾向もあるようです。

わたしも本当ならば飾りたいけれど、アパートなので難しいかな・・なんて思ったり、こんな商品も発見しちゃったので飾ろうかなとも考えたり・・。

【節分】節分鬼面飾り 青

【節分】節分鬼面飾り 青
価格:567円(税込、送料別)

なんでも中には、家の中に飾るお家もあるようなんですよ♪玄関などに置くのかな?

ちなみにわたしの実家では、玄関扉の高いところに毎年、刺しています(^^)

おわりに..

いかがでしたか?

柊鰯の習慣も平安時代からの伝統行事(^^)
家族の健康祈願や幸福を祈って、飾られてきました。

今後も残していきたい風習ですよね♪

鰯の身は食べてしまってOK。焼いた頭を柊の枝に刺して、飾るだけなのでお手軽に行えそうです(^_^)

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)