旭山動物園の冬の見どころって?道民1年生はじめての経験

はじめて冬の旭山動物園に行ってきました。

doubutuen1

冬になると、よくテレビで特集がくまれていたりして、行ってみたいなと思ってたのです。
夏もいいけど、冬は冬で生き生きしている動物がたくさん!

行ってみたら、旭山動物園がなぜ人気があるか、分かりました。
動物に対する姿勢がすごくて、わたしも何かできないものかと考えさせられる場所だったんです。

今年の冬季開園は残りわずかですが、冬の旭山動物園の見どころを、動画付きでたっぷりお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

動物たちの紹介の後に、園内に入ったらまずチェックしてもらいたポイントや、食事場所についてもご紹介します(^^)
旭川はとても寒いので、服装についても最後に少しお伝えしますね。

旭山動物園の想いがすごい!

園内に入ると、まずこんなメッセージが。
これ、すごく心に響きました・・

doubutuen2

旭山動物園からのメッセージ

動物園で地球一周の旅
旭山動物園では、114種642点の動物を飼育しています。決して多い数ではありませんが、地元はもちろん、北極から南極周辺、アフリカからアマゾンと地球上の様々な環境に暮らす動物達を飼育しています。旭山の動物達を見ながら園内を一周すると地球一周の旅をしたことになります。寝ているホッキョクグマをちょっと我慢して見続けてみてください。呼吸のリズムを感じてみて下さい。ふと見続けることができる瞬間が訪れます。それが北極の時間の流れです。それぞれの動物の時間の流れを感じたとき、その時間の流れを心地よく感じたとき、振り返って自分の時間の流れを思うとき、何が大切なのかにふと気付かされるのではないでしょうか。

シンクグローバル アクトローカル
私たちの暮らしは、地球上あらゆるところからの豊かさを奪い続けることで成り立ってきました。人間が文明を築いた8000年前に比べ原生林の8割が失われました。森林の減少と共に多くの野生動物が絶滅し数を減らし続けています。自然が失われる中ただ一種ヒトだけが数を増やし続けています。私たちは生まれた環境の仕組みの中で生きること、共存することをやめた唯一の生き物です。しかし地球そのものが痛んでしまっては、私たちも生きていくことはできません。私たちが奪っているもの、奪うことで数を減らす生き物達の素晴らしさ尊さを知ること、今気付き反省し行動しなければ取り返しのつかないことになります。日常の中でほんの少し優しくなること、できることはたくさんあるのではないでしょうか。

旭山動物園 存在のこだわり
とはいえ、動物園も人間のエゴで動物を閉じ込めている場所です。動物園は人間の知的好奇心や癒しや楽しさを追求するためだけの場であってはいけないと考えます。動物たちの本質的な素晴らしさを感じてもらうことで飼育動物と来園者をつなぐ架け橋となり、動物園は飼育動物とその動物が本来暮らすふるさとを結ぶ架け橋としての役割を担うことに取り組まなければいけないと考えます。
旭山動物園は「ヒトも含めたくさんの命が輝き続ける未来のためにできること」を考え、実行していきたいと思います。

(動物園内の看板より、引用しました)

慌しい毎日だと、こういったことを考える余裕すらなかった。
動物に会うことを楽しみに来ていましたが、ちゃんとメッセージを持って帰ろうと思いました。

子供ができたら、家族みんなで伝えていきたいです。

前置きが長くなりましたが、こんな素敵な動物園だよということが、少しでも多くの皆さんに伝わったら、嬉しいです。
では、冬の動物たちの姿をご覧ください♪

スポンサーリンク

冬の動物園の見どころ

ペンギン

まずは、なんといってもペンギンのお散歩姿を見られることが、冬の魅力です。

doubutuen2

わたしは3月後半に行ったので、午前11時のみの実施でしたが、終了間近でなければ1日に2回実施されてます(もう1回は午後2時半。ペンギン達の換羽の状態や積雪状況などを見極めて、毎回決められているそうです)

doubutuen3

綺麗ですね~(^^)
先頭を歩いているのは、ジェンツーペンギン、その他はキングペンギンです。

歩いている様子は、動画にも収めてきました♪

ペンギン達は、ペンギン館で間近に見ることもできますよ。

doubutuen5

doubutuen7

中には360度見渡せる、水中トンネルもあります。
ペンギン達が空を飛んでるかのごとく、観察できるそうです。(写真なくて、ごめんなさい。わたし達は入るのを忘れたのです。。)

ホッキョクグマ

doubutuen8

ホッキョクグマも、生き生きと遊んでました。

hdr

こんな感じで、いつホッキョクグマが自分の前に現れるか、ドキドキしながら見学できます。
ちょっと前に行ったら、ちょうど目の前に現れました。(顔が撮れなくて残念ですが、肉球が見れます♪)

出口に出るまでに、こんな間近で見られるポイントもありましたよ。

hdr

doubutuen10

ガラス越しでも、怖すぎです。
迫力がありました~(゚ー゚;A

doubutuen12

冬は快適そうですね(^^)

ユキヒョウ

お昼寝中のユキヒョウは、このように毛並みが観察できます。

doubutuen13

綺麗な毛並みで、結構長い時間、見入ってしまいました。

hdr

シンリンオオカミ

doubutuen15

オオカミの森でも、360度観察できるようになっています。
みんなお昼寝中でしたが、中に入って階段を昇ったら、こんな姿のシンリンオオカミを見学することができました。

hdr

タンチョウ

doubutuen17

doubutuen18

警戒心が強くて、なかなかお目にかかれないタンチョウも、旭山動物園では会うことができます。

doubutuen19

そして更なる旭山動物園の魅力は、こんな風にいたる場所に、手書きの動物についての説明やメッセージがあるところ。
全て、お子さんにも分かるように、ふりがな付きです。

わたし達、人間がどうするべきか、気付かされるメッセージもたくさんあります。

doubutuen20

北きつねについてのメッセージでは、エキノコックス症は、もともと人間の餌付けやゴミだしマナーが原因だったということを知りました。
知らなかったでは済まされないことが、たくさん勉強できます。

ひつじ

doubutuen20

『顔の白い子と黒い子がいるのはなぜ?』
そんな疑問が出てきましたが、展示物をみて種類が違うことも知りました(^^)

doubutuen21

子供牧場では、冬の間も小さな動物たちと触れ合うことができますよ。
子供大喜びだろうなぁ♪

その他の動物たち

全ての動物たちを載せたいところですが、とても長くなってしまうので、少しずつ動物たちのショットをここからはお届けします。

アムールトラ

doubutuen23

ライオン

doubutuen24

エゾヒグマ

doubutuen24

ボルネオオランウータン

doubutuen27

ダチョウ

doubutuen29

エゾシカ

doubutuen26

doubutuen25

キリン

doubutuen28

カバ

doubutuen30

個人的には、カバにかなり癒されました。

doubutuen31

カバ舎では、こんな風に水中を泳ぐ姿や、足裏やお尻なんかも眺めることができます。

doubutuen32

doubutuen33

載せきれませんでしたが、他にも動物たちはたくさんいますよ♪

動物だけじゃなくて、いろいろ可愛い

ここまでは動物でしたが、動物園の内装もとても可愛かったです(^^)

doubutuen34

doubutuen35

doubutuen36

逆光ですが、これもサル舎の入り口の看板。
可愛い箇所がたくさんあったので、ぜひ足を運ばれた際には見てみてください♪

また、来園したらまず最初にチェックしてもらいたい場所がありますよ(^^)

来園したら動物園のスケジュールを確認しよう♪

園内に入ったら、このように1日の動物園のスケジュールが示されているパネルがあります。

doubutuen37

食事シーンが見られる【もぐもぐタイム】や、飼育員さんのガイド【なるほどガイド】。
実施される動物や時間を、ここでチェックすることができます。

doubutuen38

こういったものを見たい・聞きたい場合は、ぜひチェックして園内を周ってみてくださいね(^^)

園内の食事場所は?

園内には、食堂があります。
カレーやラーメンなど、いろいろメニューがありましたよ♪

doubutuen39

また、お弁当を持参してもOKなのだそう。
休憩スペースとして、食べられる場所がいくつか用意されてました(^^)

では、最後に冬の服装について、少し確認です。
やっぱり旭川は寒かった・・

冬の服装はどうする?

旭川は北海道内でも、寒い地域です。
今年の冬は、雪解けが早かったですが、風が冷たくて凍えました。

風がなければ、まだマシなんですけどね・・

なので、マフラー・手袋・耳あてがあると、ペンギンのお散歩を見るときでも安心です。(目の前を通るまで、時間がかかりますので)
車やバスなどでは、調節できるような格好で重ね着しましょう。

風が通りにくいアウターがあれば安心かと思います。

また、足元はすごく冷えるので、暖かいタイツや靴下にホッカイロを貼ってもいいかもしれません。
靴は雪道に慣れていなければ、防水加工で、滑り止めがついたものがお勧めです。

よく友人からムートンは?って聞かれるんですが、ムートンブーツを履いている道民は結構多いです。
でも、ツルツルと凍った雪の上はすごく滑りやすいので注意してください。(どんな靴でも滑りやすい。汗)

靴については、こちらのページが参考になるかと思います♪
ウィンターライフ推進協議会

doubutuen40

旭山動物園ってすごいですね~。

人気がある理由がよく分かりました。
『動物園にいる動物は可哀想か?』なんてパネルもあって、夫婦でじっくり読み込んだ後、帰りの道中でいろんな話をしました。

近くのメッセージも一緒に読みながら周ると、新しい気付きがたくさん得られると思います。

これから始まる夏季開園では、冬場にお披露目されていなかった動物たちにも会うことができます(^^)
また足を運んだら、別の季節の様子も、ぜひお伝えしたいと思います♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)