お中元で喪中だとのしはどうする?先方や自分がその立場なら

お中元を贈ろうと思っても、喪中の場合はどうするべきなのでしょうか?

ochuugennosi

最近、お中元のことを調べていて、ふと疑問に感じました。
自分・先方どちらのケースも含めて、マナーをきちんと知っておきたいです。

なので、お中元を扱っているお店で、どのようにするべきか聞いてきました。
そのとき慌てないように、一緒におさえておきましょう。

もし、知らずに贈ってしまった場合についても、確認していきます。

スポンサーリンク

喪中とはどのような場合なのか、まずおさらいです。
その後、贈ってよいものか、マナーなどについても確認していきたいと思います。

喪中の場合はお中元を贈り合っていいもの?

喪中とは、近親者が亡くなったときに一定期間、身を慎むことです。
この期間は、年賀状や結婚・出生祝いなどの、慶事(祝い事)を控えることが一般的。

そして、肝心のお中元を贈ってもよいのか?という答えですが、贈っても問題はありません

というのも、お中元は日頃の感謝を伝える贈り物な為、慶事にはならないのです。
ですが、いろいろと考えるべきマナーがあります。

細かく見ていきましょう。

スポンサーリンク

喪中の場合にお中元を贈る際のマナー

ochuugenyamekata

お中元を贈る際に気をつけたいことは、こちらの2つです。

  • 贈る時期が忌明け前なのか、確かめる
  • のし紙に気をつける

1つずつ確認していきましょう。

贈る時期が忌明け前なのか、確かめる

いつもの時期に贈ってもよいべきなのかの目安は、【忌明け前なのか・後なのか】で見極めるとよいそうです。

忌明けとは?

亡くなられてから、仏式では四十九日。神式の場合は五十日が経った日のこと

忌明けの後であれば、例年と同じ時期にお中元を贈っても失礼にあたりません。
ただ、この後ご紹介しますが、のし紙に気をつけましょう。

忌明け前であれば、お中元を贈る時期を遅らせます
これは、先方が忙しい時期にあたることも考慮してなのだそうです。

では、今度は贈る際につける、のし紙についても確認しておきましょう。

のし紙に気をつける

忌明けの後であれば、例年と同じように贈っても大丈夫とのことですが、紅白の水引きが気になる方も、なかにはいらっしゃるそうです。
そういったことを考えると、無地の奉書紙や短冊で贈ったほうが無難とのこと。

ochuugennosi5

時期を遅らせて贈る場合には、【暑中御伺】や【残暑御伺】とします。

ochuugennosi4

忌明け前に、どうしてもお中元を贈りたい場合は、包装紙も地味なものにしましょう。
そして先方との関係性で、迷われることもあるかもしれませんが、『慰めの言葉を添えて贈られても』と教えて頂きました。

相手の立場になって、まずは考えてみることが一番大切なんですね。
自分が喪中の場合も、同じようにして大丈夫とのことでしたので、参考になればと思います。

また万が一、喪中と知らずに通常のお中元を贈ってしまったら、電話や手紙で知らずに贈ってしまったことを伝え、一言お詫びをしましょう。

おわりに..

喪中の場合のお中元マナーは、いかがでしたでしょうか。

喪中の場合でも、お中元を贈ること自体はマナー違反にならないので、安心してくださいね。
ただ、包装紙や熨斗(のし)に気をつけてください。

相手の立場になって、一言メッセージも添えて贈りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)