フローリング掃除のおすすめは?プロに聞いて決めました

フローリングのお掃除。

huroringu

わたしは、主にナチュラルクリーニング(体にも環境にも優しい洗剤を使うこと)での手法を取り入れていますが・・

フローリングのお掃除は、とても悩みました。
調べても調べても、心の底から納得のいく方法に出会えなかったのです。。

もちろん、ナチュラルクリーニングで行おうと心に決めていたのですが、重曹やクエン酸・米のとぎ汁やお酢では、不安だったのです。
なぜかというと、賃貸アパートのフローリングが傷んだり、ワックスが剥がれる可能性があったから・・

調べていると、『フローリングが白くなっちゃった・・』なんて声もあったから、躊躇してたんですね。

なので、アパートのフローリング施工会社さんに、思い切って聞いてみました。
その上で決めた方法、おすすめグッズを、今回はご紹介したいと思います(^^)

スポンサーリンク

赤ちゃんが産まれて、フローリング掃除に悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そういった意味では、いろんな化学薬品が入った洗剤を使うのは心配ですよね。

わたしも、なるべく体に優しい洗剤で行いたいと思ってます。

本当に家族の為になる洗剤は一体どれ?

先に結論からお伝えしてしまいますが、我が家は濡らしたぞうきんを固~く絞って拭くことを採用しました。

え?拍子抜けですか?σ(^_^;)
でも、候補の洗剤を1つずつ見ていったら、どれも「う~ん。」と採用できない結果だったのです。

これから1つずつ、ご説明していきますので、一緒に考えてみませんか?

【選択肢①】重曹・セスキ炭酸ナトリウム

huroringu2

最初に、重曹とセスキ炭酸ナトリウムですが、ナチュラルクリーニング法としては、水やぬるま湯で重曹溶液やセスキ炭酸水を作る方法がよく紹介されています。

でも、これって濃度によってはワックスが剥がれる可能性があるんです。
もちろん粉末をまいて、水拭きしてもです。(これだと尚更、剥がれやすいですねσ(^_^;))

ワックスを普段から使用しないお家ではいいかもしれませんが、賃貸の我が家は困ります。
だって、ワックスが剥がれたら、シミができてしまう可能性が高くなりますよね(汗)

何か液体をこぼしてしまったら、染み込んでしまうかもしれません。

また、濃度によっては粉末が残る可能性もあります。
『床が白くなってしまった』という声さえ、あるのです・・。

ということで、重曹とセスキ炭酸ナトリウムは無しという結論に。
最初は重曹だ!と意気込んでいただけに、残念でした。

気を取り直して、次いってみましょう。

【選択肢②】クエン酸・お酢

huroringu3

これはフローリング施工会社さんから伺った話ですが・・
酸性の洗剤を使うと、木材が傷む可能性があるそうなんですね。(ワックスが剥がれかけていると、余計に影響が大きいみたいです)

また、クエン酸でも『床が白くなってしまった』という声がネット上でありました。

酢水で拭くと、静菌効果もあるそうなので、期待していたのですが、やっぱり賃貸だと躊躇しますね。
長い目でみて、木材が傷んでしまうのも避けたいですし。

ということで、これも無しです。
では、最後のナチュラル洗剤を見ていきましょう。

【選択肢③】米のとぎ汁

huroringu8

最後は、米のとぎ汁です。
ワックス効果もあって、掃除し続ける度にピカピカになるというから、すごいなぁと感じてました。

でも、やっぱりデメリットがあるんです。

固く絞ったぞうきんを使用したとしても、食品なのでカビや虫の発生に繋がってしまう恐れがあったのです・・。
カビって、どんなものでもエサにしてしまうから怖いのですが、わざわざエサになるようなもので拭かなくてもいいか・・と感じました。

それに、お米を研いだあと、早めに使って掃除しないと、臭いも発生してしまうんですよね。
掃除の時間が決められてしまうのも、とぎ汁のデメリットです。

こういったことを知り、わたしはナチュラル洗剤を使うことを諦めることにしました。

では、次はわたしがフローリング施工会社さんからアドバイスしてもらった方法を、お伝えしていきますね。

スポンサーリンク

プロに聞いたフローリングお掃除に適した方法

フローリング施工会社さんに問い合わせをしてみたら、「やっぱりどれも自信をもってお勧めはできない」といった答えが返ってきました。

日頃のお手入れは、乾いた布での乾拭きが理想なのだそうです。

賃貸物件などの、一般的なフローリングは合板の木材でできていることが多く、UV塗装・ワックスでコーティングされています。

塗装剤のおかげで、シミになることを防いでくれている訳ですが、水拭きで水分が長い時間、フローリング上に残ってしまうと隙間から水分が入ってしまいます

この状態が進むと、合わせたツキ板が脹らみ、最悪の場合は圧力で割れてしまうそうです。

なので、一番は乾拭きをすることなんですね。
でも、汚れがついてしまったら、乾拭きだけでは落ちなかったりしますよね。

そんなとき、我が家ではコレを使っています。

汚れが目立つときに使っているもの

huroringu4

それは、化学雑巾とぞうきんワイパーです。

化学雑巾は、3枚入りのものを100円ショップでゲットしました。
雑巾を買うなんて・・と最初は思ったのですが、この化学雑巾を使ってからは、汚れがよく落ちてビックリしたんです。

huroringu6

huroringu5

水拭きするときも絞りやすくて、薄いからワイパーにはさみやすいのも良いんですよね。

この画像は1枚ですが、100円ショップの化学雑巾は薄手なので、普段は2枚重ねにして、汚くなったらすぐ綺麗な面に取り替えられるようにしています(^^)
(2重にしておけば、強くこすっても安心感がありますよ♪)

huroringu7

最初は運動の為にと、せっせと這いつくばって雑巾掛けしていたけど、ギックリ腰をきっかけに、ワイパーを購入しました(笑)

これ、使いやすくていいですよ(^^)

ワックスは有害か?

子供ができたら、気になるのがフローリングの汚れやワックス。

汚れはお掃除でなんとかなるけど、ワックスはどんなんだろう?と思いました。
ナチュラルクリーニング関連の情報では、ワックスの化学薬品も体によくないと書いてあったりしますからね。

でも、今回調べてみて、わたしは考え方が変わりました。

ワックスもなるべく避けたいと思っていたけれど、ワックスのお陰で綺麗を保てていることも事実で。
赤ちゃんができたときに、少しでもワックスが心配だったら、大きくなるまではワックスがけをしないで、成長したらワックスをかければいいかなって思いました。

過剰な除菌も免疫力に影響してしまうとも言いますし、ママが笑顔で済ませられるお掃除加減でいいのかなと、個人的には感じました(^^)

うめのまとめ

フローリングのお掃除は

  • 基本、乾いた雑巾で乾拭きをする
  • 汚れが目立つときは、固く絞った雑巾で拭く
  • (化学雑巾だと、よく汚れがとれてお勧め)

フローリングのお掃除方法は、いかがでしたでしょうか。

世の中にはいろんな意見がありますし、どれを選択するのかはそれぞれですが・・
実行する前には、もしかしたらデメリットがあるかも?と検索してみるのも手です。

わたしも調べていなかったら、本で紹介されている通りに行っていましたから。

今回、出てきたナチュラル洗剤も、1度や2度なら影響がでないかもしれませんが、時間が経って影響が出始めたら嫌ですよね。
もし使われる場合には、目立たないところで何日か様子を見たほうがいいと思います。

毎日のお掃除は、ときに面倒ですが・・お互いに主婦業、気楽にがんばりましょうね(^^)!

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)