北海道の桜の見ごろは?ここでしか見られない種類もチェック!

北海道で桜が咲く時期ってご存知ですか?

kawaduzakura

日本では一番、遅いイメージですよね。

道民になってから、ニュースで桜の開花情報が流れると、「北海道はあと○○日くらいだね~」なんて話を耳にします。
このくらいだな~という目安が、道産子にはあるみたいです(^^)

本州では散り始めてしまった桜も、北海道に来れば、もう1度お花見ができる
そんな贅沢は、まだ実行できていませんが、いつか全国の桜の名所と北海道で見比べてみたいものです(^_^)

今日は、そんな道産子のプチ情報や、道内の桜の特徴をお届けしたいと思います♪

最後に道東の金刀比羅山へお花見に行った様子も載せていますので、ご興味がある方は覗いてみてくださいね。

スポンサーリンク

まずは、道産子が感じる桜の目安と、今年の開花予定日をご紹介します。
その後に、北海道の桜の特徴について、ぜひチェックしていただきたいポイントがあるので、ご紹介しますね♪

北海道の桜【見頃の目安】

これは、生まれも育ちも札幌の主人から教えてもらったのですが・・

道民は、東京で開花ニュースが流れたら、あと1ヶ月程で北海道も咲くなぁと感じるのだそう(^^)
大体、ゴールデンウィークくらいが北海道のお花見シーズンです♪

今年の桜の開花予定

2016年の気象予報では、東京の開花日が3月21日で、北海道の最南端が4月20日と1ヶ月後となってます。
大体、1ヵ月後に開花日が北海道でもやってくる♪そんなイメージですね。

hokkaidousakura3

こんな感じで、大体の目安として矢印の薄い順から濃い地域へと開花していくので、道内でも時期をずらせば、年に何度も桜が鑑賞できてしまいます(^^)

なんせ北海道の面積は、四国の4.5倍ですからねw(゚ー゚;)w

では、桜の時期に北海道にいらしたら、ぜひチェックしていただきたい道内の桜の特徴についても確認していきますね!
なんと、北海道でしか見られない桜もあるんですよ♪

スポンサーリンク

北海道の桜【特徴】

道内全域で見られる、エゾヤマザクラ

ezoyamazakura

本州では、ソメイヨシノが定番ですが、北海道の桜の定番は蝦夷山桜(エゾヤマザクラ)です。(別名:オオヤマザクラ)

ソメイヨシノと違って、開花と同時に葉の芽が出てしまうので、ピンク一体には見えにくいのですが、野生種の桜な為、1本1本に個性があることが特徴です。

厳しい北海道の寒さは、桜の花びらの発色に関係し、寒さの厳しい地域ほど、色鮮やかに咲くのだそうです。
同じ地域に咲いたエゾヤマザクラでも、それぞれ違った表情を見せてくれるのは、北海道だからこそ♪

ぜひ、お気に入りの色味を見つけながら、散策してみてください(^^)

北海道でしか見られない桜、チシマザクラ

chisimazakura

千島桜(チシマザクラ)は、他にも、エトロフザクラとも呼ばれる桜です。
もともと、千島列島に自生していた桜が根室へ渡り、道内へ広がったと言われています。

こちらも寒さに強いことが特徴で、特に寒さが厳しい道東や道北に多く自生しているようです。
エゾヤマザクラと同じように、1つ1つ違った個性をチシマザクラも見せてくれます♪

では最後に、道内のおすすめ桜スポットを管理人目線で少しお届けしますね。

道内の桜の名所は?

~道南~

道内でもたくさんの名所がありますが、中でも有名なのが、<道南>松前公園にある桜です。
ここは、松前城に隣接する広い公園で、道内きっての桜の名所と言われています。

matumaezyou

なんと、約250種類・1万本の桜が見られるスポットなのです。

  • 樹齢300年以上といわれる光善寺の血脈桜(ケチミャクザクラ)
  • 龍雲院の蝦夷霞桜(エゾカスミザクラ)
  • 天神坂門の夫婦桜(メオトザクラ)

これらの松前を代表する、三大名木も人気です。
わたしの住んでいる道東からは、かな~り遠いので、なかなか足を運びにくいのですが、来年にはぜひ行きたいと思ってます。

~道央~

道央の桜スポットといえば、日高にある二十間道路桜並木です。

ここでは約3000本の桜が、直線7kmにも渡る道路で見ることができます(^^)
なんと大正5年から3年も費やして、近くの山からエゾヤマザクラなどを移植したのだそうです。

そのスケールは、日本屈指ともいわれており・・

  • さくら名所100選
  • 日本の道100選
  • 北海道遺産

に指定されています。
歩いても車を走らせても、とっても良い眺めでしょうね♪

~道北~

日本の最北端で桜を見るなら、稚内森林公園です(^^)

ここは植樹祭というお祭りで、稚内市民の方達の手で、エゾヤマザクラや八重桜が植えられた場所です。

植えてから10年程は、寒さのせいで生育がよくなかったそうですが、今では白鳥が北へ帰った後に、一斉に咲き誇るそうです。
厳しい冬を耐え抜いた、稚内の桜もさぞかし綺麗でしょうね。

~道東~

最後は道東!
道内で一番遅く桜が咲く地域が、根室地方です。

ということで、日本の中で最も遅いお花見スポット

この地方では、のんびり見られる別保公園や、清隆寺(せいりゅうじ)が人気です。
桜が名残惜しいときには、根室に足を運んでみてはいかがでしょうか(^^)

<久保公園>

<清隆寺>

今回、ご紹介したスポットは、管理人が個人的に行ってみたい!と思った場所にスポットを当てさせていただきました。

でもまだまだ、他にも道内には桜の名所があります♪
情報が出回っていなくても、近くの神社へ足を運んだりすると、綺麗なエゾヤマザクラが咲いていたりもするので、ぜひ足を運んでみてくださいね(^^)

おわりに..

北海道の桜情報はいかがでしたでしょうか?

本州のソメイヨシノもとても綺麗ですが、北海道では色味が個性的なエゾヤマザクラなどが楽しめます(^^)

わたしは北海道に住んで初のお花見で、道東の金刀比羅山へ行ってきました。

sakuramaturi

お祭りも行ってまして、たくさんの人が車で来ていました。

sakuramaturi5

「北海道はどんな出店があるのかな~♪」とワクワクしていたら、ここは地元のお祭りで普通に焼き鳥とか、綿菓子でした(^^)

sakuramaturi3

sakuramaturi4

がんばって焼いてくれています♪

おみくじが沢山あったのには驚きで、こんなに種類がありました(笑)
なんでも、今年は色んな種類を取り寄せたとか(^^)

sakuramaturi6

初めて見た、こちらを引いてきました♪

sakuramaturi7

これ、水みくじといって、お水につけると文字が現れるのです(^_^)

sakuramaturi8

末吉~。

sakuramaturi9

乾くと文字は消えちゃうそうですが、面白いですよね♪

金刀比羅山のお祭りに行ってみて、こういった地元密着のお祭りもいいなぁと思いました(^^)
地元の方にいろんな話を聞けちゃいますしね♪

もし、こういったお祭りも興味があれば、行かれる場所ちかくでお祭りがないか、地域HPでチェックしてみてください♪
今回ご紹介した金刀比羅山は、雪の影響でお祭りが次週に変更となったりしてるので、もしかしたら日程が合っちゃう可能性だってありますよ(^^)

素敵なお花見日和になりますように、お気をつけてお出掛けくださいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)