ジンギスカンの食べ方!ホットプレートで作る我が家の味!

ジンギスカンの食べ方って、北海道に住むまでは、よく分かっていませんでした。

zingisukan

今では、月に1回は、必ず家で食べるジンギスカン。

実は家庭で食べるときって、いろんな食べ方が存在していて、正解とかは無いんです。
ホットプレートも全然アリ♪

でも、少し分かりにくいと思いますので、今日はそのいろんな食べ方と、我が家での食べ方をご紹介します(^^)

それから、主人はタレへのこだわりが凄いのですが、作ってくれる自家製ダレがめっちゃ美味しい!
これ、東京のお友達に教えてあげたら、すごい好評でした(^_^)

なので、我が家直伝のジンギスカンだれのレシピも、今日は特別にお伝えしちゃおうと思います♪

スポンサーリンク

まずは、食べ方がどんな具合にいろいろとあるのか、ご紹介しますね。
その後に、我が家流の食べ方と、タレのレシピを分かりやすく写真付きでお届けします(^^)

ジンギスカンっていろんな食べ方が存在する

家庭での食べ方は、大きく3つに分かれます。

  1. タレで野菜を煮込むスタイル
  2. 野菜だけタレを絡ませないスタイル
  3. 焼肉と同じスタイル

「こんな違うの?」と最初は驚いたのですが、それぞれの好みで楽しめることもジンギスカンの魅力です(^^)
1つずつ、簡単に説明していきますね。

【1】タレで野菜を煮込むスタイル

こちらは、タレで漬け込んだお肉を焼き、野菜もタレと一緒に煮込んで食べるというものです。

ジンギスカンといえば、こんな感じの中央がドーム状で周りが土手になっている鍋を使うイメージが強いかと思います。

zingisukan2

この鍋では、ドーム状の部分でタレに漬け込んだお肉を焼いて、土手に溜まったタレで野菜を煮込んで食べるんですね。
これと同じように、家庭でホットプレートを使って食べるときも、野菜にタレを絡ませて食べるというのが、まず1つのスタイルです。

〆にうどんとか、麺を入れて食べることもあります。

【2】野菜だけタレを絡ませないスタイル

こちらは【1】と同じように、タレに漬け込んだお肉を焼くのですが、野菜だけは焼肉と同じようにするスタイルです。

小皿に入れたタレで食べるんですね。
野菜を煮込みたくない場合は、こんな感じで食べます。

【3】焼肉と同じスタイル

最後は、ほとんど焼肉と同じスタイル。

お肉もタレに漬け込まず、ノーマルで焼いてタレにつけて食べます
野菜も同じです。

ビックリするけれど、これだけ食べ方っていろいろあるんです。
各家庭でみていったら、もっと細かい食べ方があると思います。

また、観光客向けのお店では、野菜の上にお肉をのせる焼き方が勧められていますが、道民からすると初めて聞く食べ方のようだし、老舗のお店ではお勧めしていない焼き方だったりします。

だから、知らない方からすると、ややこしいのかなぁと・・。
実際、わたしもややこしく感じたしσ(^_^;)

主人も、『高級なジンギスカンのお店に食べに行ったら、家での食べ方とは違う焼肉スタイルだった』といったことがありましたし、どれが正解とかはないんですね。

なので、お気に入りの食べ方を見つけながら食べるのがお勧め(^^)

ちなみに、我が家の食べ方は【2】の野菜だけタレを絡ませないスタイル。
主人が野菜をシャキシャキで食べたい派なので、このスタイルが定番となっています。

今度は、そんな我が家の食べ方をご紹介していきますね♪

スポンサーリンク

我が家のジンギスカン【ホットプレートでの焼き方】

主人いわく、北海道でジンギスカン鍋を持っている家庭は、少ないのだそうです。
実際に、北海道でお友達になった主婦さんに聞くと、ほとんどのお家がホットプレートでした。

ということで、ホットプレートでぜひジンギスカン楽しんでください♪
ここからは、我が家の食べ方をご紹介します(^^)

我が家のジンギスカンの食べ方

  1. まず、ホットプレートを温めて、牛脂で油をひきます
  2. zingisukan3

  3. そして、タレで漬け込んだラム肉を焼いていきます
  4. zingisukan4

    お肉はお好みで、マトンや豚肉でもOKです。(タレの詳しいレシピは後ほど、ご紹介しますね^^)

  5. お肉を片面焼いているうちに、もやしを投入
  6. zingisukan5

  7. その他の野菜(今回は玉ねぎと人参)も外側を使って焼いていきます
  8. zingisukan6

    その他、焼肉で用意するように、お好みの野菜を加えられてもOK。
    今回は人参を花の形にしてますが、5cmくらいの短冊切りにすることも多いです。

  9. 肉をひっくり返して、少し焼けばもう食べられます♪
  10. zingisukan7

    ちょっとタレが煮詰まって、絡めて食べるのが美味しい!

    zingisukan8

  11. 野菜は火が通ったら、タレにつけていただきます♪
  12. zingisukan9

ちなみに、つけているタレはベル食品の成吉思汗(じんぎすかん)たれです。

zingisukan10
(↑これが、ベル食品のタレ)

市販のタレは、ベル派・ソラチ派など各家庭で好みが分かれるかと思いますが・・
試してみたい方は、チェックしてみてくださいね(^^)

では、最後に我が家直伝のジンギスカンの漬け込みダレのレシピをご紹介します!

うちのジンギスカン【漬け込みダレのレシピ】

主人がいつも作る漬けダレにお肉を漬けると、とっても柔らかくなって美味しいのです(^^)
作り方を、1からご紹介していきますね。

~材料~

zingisukan11

ラム肉300gを漬ける場合

  • 醤油・・・・大さじ4
  • 日本酒・・・大さじ2
  • オレンジジュース・・大さじ1
  • アップルジュース・・大さじ1
  • 砂糖・・・・小さじ1/2
  • みりん・・・大さじ2
  • ハチミツ・・小さじ1/2
  • にんにく・・小さじ1/2
  • しょうが・・小さじ1/2
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • コショウ・・適量
  • 一味唐辛子・適量

オレンジジュースとアップルジュースは、100%のものがオススメ。
お肉の柔らかさ・味に大きな差が出てきます

では、作り方です!

~作り方~

  1. まず、フライパンに日本酒を入れて、アルコールを飛ばします
  2. zingisukan12

  3. 玉ねぎを摩り下ろして・・
  4. zingisukan14

  5. アルコールを飛ばした日本酒と、残りの材料も混ぜたらタレの完成です
  6. zingisukan15

  7. ここにラム肉を入れて、最低2時間は漬けます
  8. zingisukan16

マトンや豚肉を漬けても美味しいですよ。

マトンとラムの違いは

ラムは生後1年未満の子羊で、マトンは2歳以上の羊のことです

最初はタレが多く感じますが、時間が経つと、こんな風にお肉に吸収されます。

zingisukan17

これを焼くと、とっても美味しいんですよ~♪
もし、野菜もタレで煮込んで食べたい場合は、倍量つくって別にとっておくといいと思います(^^)

~タレを作らずに、すぐに食べたい場合~

  • まずは、ジンギスカンの味がどんなものか知りたい!
  • タレを作るのは面倒!

そんなときは、便利に焼くだけ♪な商品もあるんですよ(^^)

ZINGISUKAN18

こんな感じで、味付けジンギスカンって色々売られているんです。
有名所は、新千歳空港内にもお店がある、松尾ジンギスカン

やっぱり、時々食べると「うま~っ!」ってなりますね(^^)
「今日は簡単に夕食の準備がしたいなぁ」なんてときには、お世話になっちゃいます(笑)



うめのまとめφ(.. )

ジンギスカンの食べ方について、いかがでしたでしょうか。

道民になってから、ややこし~と思っていたので、まとめてみたら私自身もスッキリしました(笑)

ジンギスカンは、タレに漬けても、そのまま焼いても美味しい
色んな食べ方があるし、豚肉での味付けジンギスカンだって出ているんです。

気分によって、食べ方を変えるのも全然アリ♪
ぜひ、お好きなスタイルを見つけてみてくださいね(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)