太る理由がわからない!そんな時は3つの視点で確認しよう

いつの間にか、太ってしまった・・。でも、理由が分からないんだよなぁ

hutoruriyuu

そんな風に思うことって、ありませんか?
実は、わたしも結婚してから、少しずつ体重が増加してしまった1人です。

でも、
「おそらく、これが原因か?」と思うことはあっても、まず何に取り組むべきか分かりませんでした。

気持ちは、『少しでも早く、体型をどうにかしなきゃ!』と焦るばかり・・。

だけど意気込む前に、太った理由をハッキリ分析しておかないと、リバウンドの可能性大!なんですよね(汗)

近道になるどころか、間違った方向で体調を崩したり、挫折してしまうかもしれません。(これ、わたしのこと(^^;;;))
なので、まずは自分の弱点を客観的に見ることが大切なんですね。

ここでは生活習慣で太った場合についてお話していきますが、実は太る理由ってシンプルに3つしか無いのです。

これからスリムで健康な生活を送りたいなら、まず理屈を知って、ストレスなく正しい選択が出来れば、脂肪も怖くありません。
栄養やら運動やら、いろいろ知ることって最初は面倒ですが、一緒に理想の体に近づきましょう!!

スポンサーリンク

我が家の場合、夫はわたしの2倍以上を食べるのに、全然太りません
当のわたしは、どんどん夫の体重に近づくばかり・・(汗)

どうして、こうも差があるのか?
太りにくい・太りやすい体質」と分かれるメカニズムについて、まずは理解しておきましょう。

その後に、具体的な対策を見ていきますね(^^)

太りやすい人と太りにくい人のメカニズム!

~太りにくい夫の場合~

夫は高カロリーな食事をしていても太りにくい体質、よく言う痩せ型です。(羨ましい・・)

一見、細く見えるのですが、趣味は筋トレ。
体脂肪計で計ると、筋肉量が多くて基礎代謝量(※)が多いです。

※基礎代謝量とは?

何もしない状態で消費する1日のエネルギー代謝の量です。
消費エネルギーが一番多いのは筋肉なので、筋肉量が多ければ、この基礎代謝量も上がります。(平均体温も上がる)

そして、日中の仕事も体力勝負の仕事なので、常に動いています。
日常生活での活動量が多いから、もちろん消費カロリーも多く、脂肪がつきにくいのでした。

摂取カロリーよりも、消費カロリーのほうが極めて大きい
だから太りにくいのです。

hutoruriyuu4

一方、わたしはというと、こんな感じです。

~太りやすいわたしの場合~

事務仕事で、筋トレなんか大嫌い。
筋肉も少なく、冷え性です。

基礎代謝量も低くて、普段スポーツもしないし、体を動かすといったら通勤で歩いたり、家事や買い物くらい

ゴロゴロしながらテレビを見たり、寝ることが大好きでした。

hutoruriyuu5

う~む、こりゃ太るよね~と書いてみると客観的に分かりますね(汗)

太る理由は実にシンプル!

  1. 栄養のバランスがとれていなくて、摂取カロリーが高い
  2. 筋肉が少なくて、基礎代謝量が低い
  3. 日中の活動量が少ない

これら3つが太る原因です!

でも、わたしも体質改善しようと色々、頑張ってはいたんですよね。
結構、自分自身を客観的に判断するのって難しいと思うんです。

「食べて、動かないからでしょ!」って言われちゃったら、それまでなんですが・・(゚ー゚;A

あのとき一番足りなかったなぁと感じていることは、運動だけでどうにかしようと思っていたこと。
まずは食事を見直そうって思っていたら、もっと早く痩せられていた気がします。

ということで、無理なく楽しく食事改善することが近道
あんまり食べないようにしてるって思っていても、『コレがダメだったのか!』ってポイントがいっぱいあるんです。

今度は、3つの太ってしまったポイントから、これが間違いポイントというものを見ていきましょう!

スポンサーリンク

「太った理由をまずは知る!」ということで、こういったことに気をつけよう!といった視点で見ていきたいと思います。

「これ当てはまるじゃん」と感じたら、ぜひ意識して取り除いてみてください。
では、1つずつ確認していきましょう!

【1】栄養のバランスがとれていなくて、摂取カロリーが高い

hutoruriyuu7

昔は○○ダイエットとか、何か1つだけ食べて痩せようとする方法が流行りましたよね。
でも、それでは体調を崩すばかりか、イライラの元となりやすいです。

栄養のバランスを考えて、食事に気をつけることが一番!
断食なんかも知識がないと、とっても危険です。

まずは、11個のNGポイントを出してみましたので、こんなことをしていないかチェックしてみてください。
そして、徐々にヘルシーな食事を作れるように研究してみてくださいね♪

  1. ご飯は1杯以上食べたり、カレーやラーメン・パスタをよく食べる
  2. ご飯・麺・パンは炭水化物で、糖質過多になりやすいです。かといって、少ないと筋肉の栄養素となるブドウ糖が減って、筋肉が落ちるので、適度にとりましょう

  3. 野菜やきのこ類が嫌い
  4. 野菜やきのこ類の摂取が少ないと、副菜不足で栄養バランスが悪くなります。体の調整機能が鈍くなり、肌荒れや便秘の原因にもなりかねません。ビタミン・ミネラル・繊維質も積極的に摂りましょう

  5. 野菜は食べるけど、芋類が多い
  6. 芋・とうもろこし・大豆以外の豆・れんこん・ニンニクも炭水化物を多く含みます。これらを食べるときは量に注意して、野菜は摂取しましょう

  7. ソーセージやハム、ベーコンなどの加工食品をよく使う
  8. これらは脂質が多くて、塩分も多いので、むくみやすい体質になってしまいます。頼り過ぎない工夫も大事です(ちなみに、魚肉ソーセージや、ちくわなどの練り物にも、小麦粉などの炭水化物が入っています)

  9. 乳製品が大好き
  10. おいしいけれど、これらも脂質が多いので、摂り過ぎには要注意です

  11. しっかり味付けされたものが好みだ
  12. 塩分が多い食事が多いと、むくみやすい体質になって、下半身太りの原因になります。ちょっと塩分を取りすぎたなと思ったら、塩分排泄に役立つカリウムの多い食材を取り入れましょう(海藻やきのこ、キウイフルーツなど)

  13. ついついお菓子を食べてしまう
  14. 糖質でお腹を満たすと、冷え性になる可能性が高いです。ときどきのご褒美習慣にすることが理想です(ドライフルーツやナッツも糖質・脂質が多いので、食べすぎには気をつけて)

  15. 肉や卵が多くて、魚をあまり食べない
  16. タンパク質が少ないと、美容面でもマイナスです。お肉や卵もいいけれど、魚や大豆など、いろんな種類のタンパク質を食べるように心掛けましょう。豚バラやひき肉など、脂肪を多く含むものばかり買っていないかもチェック!

  17. 調理方法が偏りがち
  18. 揚げ物や、油を多くフライパンにしいて調理など、忙しいとつい同じ調理方法になりがちです。一度、食べている食事を書き出して、調理方法も偏っていないかチェックするといいですよ♪

  19. 果物をたくさん食べる
  20. 果物も食べて分解されると、糖質になるので、食べすぎには要注意です

  21. 野菜ジュースや甘いジュースが好き
  22. 水分をこれらで摂る人は注意です。成分表を見て、塩分・砂糖の量や、フルーツ・炭水化物の多い野菜が入っていないかチェックしましょう。

「これ、やっちゃっているなぁ」ってこと、なかったですか?

わたしは、ほとんど当てはまってましたよ(汗)
『魚肉ソーセージとかヘルシー♪』と思って食べてましたし(゚ー゚;A

こういったことが原因で、摂取カロリーが多くなっている場合がありますので、まずは日々の食事を見直してみてくださいね♪
意外と気付かずに食べちゃっているから、ノートに書いたりスマホで撮影して、客観的な目で見ることがポイントです。

そして、ここが改善されれば、適度に筋肉をつけて運動です!
残りの2つの太ってしまうポイントから、改善策を見つけましょう。

筋肉が少なくて、基礎代謝量が低い

hutoruriyuu6

食事に気をつけたとしても、筋肉をつけないと、メリハリのある体にはなりません。
たるんでしまうのです・・。

なので、筋トレは苦手でも適度に筋肉をつけることが、やっぱりオススメ。

  • お腹
  • 太もも
  • お尻

と1パーツずつ、1日数十分するだけでも効果はあります。
筋肉痛になったら効いてる証拠。1日~2日、落ち着くまで様子をみて、また筋トレを再開します。

  • 1ヶ月前の自分の行動が、今の自分をつくっている

そう考えて、筋トレも習慣化できるように、少しずつ頑張ってみてください。
1冊、気になる本を買ってみて、「今日はココとココを強化!」とアレンジするのも楽しいですよ(^^)

日中の活動量が少ない

筋肉がついてきたら、基礎代謝量が変わってきているはずです。
そうなると、日中の活動量が以前と同じでも、消費カロリーは上がってきます

そうなると、こっちのもの♪
家での移動も素早く動いたり、よく言う1つ前の駅で降りて歩いたり・・。

できることを見つけてコツコツ続けていたら、自然と痩せやすい生活を手に入れることができます。
「こうしなきゃ!」ではなくて、楽しみながらできたら理想ですよね。

まだまだ人生は長いですから♪

日々いろいろあって、ストレスは溜まると思います。
悩むと、いろいろ考え込んじゃいませんか?

そうなると、脳のエネルギーは糖分なので、自然と甘いものや、自分の好きな脂っこいお菓子・食事を選んでしまいがちなんです。
これは人間だから、仕方のないこと。

決して、意志が弱いからじゃないんですよ!(この話を知ったときは、わたしも救われたものです)

  • 暴飲暴食になりかけそうになったら、自分はストレスが溜まっている
  • 脳に勝手に選ばされている

こういう理屈を知っていたら、これから生活を変えていく上でも楽になりますし、乗り越えられそうな気がしませんか?

女性は感情的な生き物なので、感情に振り回されることも当たり前と理解しておくこともポイントなんですよ(^^)
「食べちゃったからダメだ・・」なんて思わずに、次は改善できるように、無理のない範囲でがんばっていきましょう♪

おわりに..φ(.. )

太ってしまう理由については、いかがでしたでしょうか。

わたしも今、生活改善の真っ只中なのですが、自分の日々の小さな選択で太っていたことが判明。
意外と気付いていないことって、いっぱいあるんですよね・・(゚ー゚;A

目標値についたら、このブログで報告したいなぁなんて思いつつ、ブログを書いています。
おそらく、これからも色々と自分の反省点は出てくると思いますが、理想の自分を目指して!

一喜一憂せずに、旦那さんに八つ当たりしないよう頑張りたいと思います(笑)

ここまで読んでくださって、ありがとうございました(^^)
理想の体になれますように、これからもダイエットの記事は増やしていきますねっ♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)