石油ストーブのしまい方って?来季も快適に使う為には~

石油ストーブ(灯油ストーブ)の片付け方に、悩んだりしませんか?

sutobu

我が家では、結婚して初めての冬を迎えるとき、コロナの石油ストーブを購入しました。
節約にもなって、だいぶお世話になっている、このストーブ。

春を迎えて気候が暖かくなってきた頃・・
来季もフル活動してもらう為に、お手入れしてから、しまうことにしました。

でも、
「どうやって、お手入れして片付けたらいいんだろう?」
との疑問が(゚ー゚;A

説明書を見ながら、初めての作業にドキドキしながら行いました。
面倒そうなイメージで少し億劫でしたが、やってみると意外と簡単で(^^)

1度やってしまえば、次回からはスムーズに行えそうです♪
今回は少しでも参考になればと思いますので、そちらの手順を載せていきたいと思います。

スポンサーリンク

今回、ご紹介する方法は、コロナの自然通気形開放式石油ストーブのしまい方です。

sutobu3

もしかしたら、メーカーが違うもの・古いタイプのものなどは、手入れの仕方が違う可能性もありますので、念のためご確認くださいね。

片付け前のお手入れに必要なもの

sutobu2

  • 少量の灯油(残っていれば)
  • 給油ポンプ
  • ドライバー(プラス・マイナス)
  • 綺麗な古布
  • ゴム手袋
  • チラシや新聞紙
  • ゴミ袋や器

では、手順をみていきましょう♪

石油ストーブ【しまい方の手順】

~前日までに行ったこと~

  1. まず、給油タンクの中の灯油が空の状態で点火し、火力が小さくなるまで放置する(屋内で換気しながら)
  2. そして、火力が小さくなったら、しんをいっぱいまで上げて、消火するまで燃焼させる

ここまでは、前日までに行いました。
灯油は、できれば来シーズンに持ち越さないほうがいいので、調節しながら買われるといいですよ♪

sutobu19

こんな風に、不純物が入ってしまったり、変質してしまうので注意が必要なんです。
もし、持ち越すようならば、フタはしっかりと閉めて、冷暗所で保存しましょう。

使うときには、こちらにも書いてあるように、

  • 透明であるか
  • 不純物が入っていないか
  • 灯油の臭いがするか

必ず、チェックするようにしてください。
では、手順に戻りますね。

スポンサーリンク

~当日に行ったこと~

ここからは、構造部品の名称がたくさん出てきますので、部品の名前についての画像も載せておきますね。

sutobu20

  1. スピード消火ボタンを押して、耐震自動消火装置を作動させる
  2. sutobu4

  3. 乾電池を取り外す
  4. sutobu5

  5. 燃焼筒と灯油タンクを取り出して、止めねじ5本を外す
  6. sutobu6

    前方の中央にも1箇所、外す場所があるとの事で、どこかと思ったら、調整つまみの中でした。(最後の1つのねじを探すのに、ちょっと苦労σ(^_^;))

    sutobu7

  7. そして、ゆっくりと45°に傾けて、部品に引っかからないように注意しながら、枠を外す
  8. sutobu8

    ここは引っかかりやすいので、2人で作業した方が良さそうです。(慣れてしまえば、大丈夫かな??)
    枠を外すと、こんな感じのシンプルな作りでした。

    sutobu9

    結構、ホコリが溜まっています~(゚ー゚;A

    sutobu10

  9. 給油サイン金具を押さえながら、オイルピンをマイナスドライバーで外す
  10. sutobu11

  11. 灯油を給油ポンプで抜き取り、2~3回、綺麗な灯油で洗う
  12. sutobu21

    このように、通常はポンプを使って抜き取るようですが、うちでは灯油が少なすぎて、抜き取れませんでした。

    sutobu13

    なので、綺麗な古布で拭き取りました。その後、灯油で洗い、また拭き取りをしています。

    sutobu14

    このときも、説明書のように、徐々に傾けて灯油が残らないようにして、取り除きました。

    sutobu15

    ※油受け皿にゴミなど異物がないか、最後に必ず確認してください

  13. 周りのホコリを掃除する
  14. sutobu16

    あとは、ホコリなどを綺麗に取り除いてあげましょう。

    sutobu17

    ピカピカになると、気持ちがいいですね♪

    お手入れはココまでで終了です(^^)
    あとは、戻していく作業ですよ~。

  15. オイルピンを確実に下まで押し込んで、戻す
  16. 枠を戻し、ねじで固定し直す
  17. 燃焼筒と灯油タンクを戻す
  18. 包装箱に入れて、乾燥した場所に水平に保管する
  19. 我が家はダンボールを捨ててしまったので、プチプチで代用しましたσ(^_^;)
    湿気が大敵なので、ちょうど良いダンボールが見つかり次第、そちらに入れ直そうかなぁとも思ったり。

    sutobu18

    これで、片付け終了です♪
    説明書と格闘しながらでしたが、30分くらいで行えました(^^)

最後に、片付けのポイントをまとめてみますね。

うめのまとめφ(.. )

石油ストーブのしまい方について

  • 枠を外さないと、取れないホコリやゴミがたくさんある
  • 燃焼筒と灯油タンクのお手入れは前日までに行っておくと楽
  • 慣れないうちは、2人で行ったほうが安心(部品が引っかかったりするため)
  • 必ず、電池を取り外して、耐震自動消火装置を作動させる
  • 灯油が入っていた部分に、ゴミや水が入っていないか、最後にチェックする

石油ストーブのしまい方については、いかがでしたか?

正直、お手入れする前は、分解作業とかが苦手なので、
ここまで、きちんとお手入れする人ってあんまりいないんじゃない?
って勝手に思ってました(笑)

でも、やってみると意外と手順は少なくて、簡単で
しかも、結構ホコリが溜まってましたから、やって良かったなぁと思いましたσ(^_^;)

これで、来季も綺麗なストーブでスタートさせることができますね(^^)
気持ちもスッキリしますので、分解お手入れが苦手な方も挑戦してみてください♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)