お風呂の天井のカビにはアルコール!定期的に行えばバッチリ!

お風呂掃除の天井って、あまり掃除しない場所だけど何かしらしたほうがいいのかな?

tenzyou2

そんな風に思っていたら、テレビでちょうどよく、お掃除方法が取り上げられていました♪

なんでも天井に黒カビなどの症状が出ていなくても、見えないカビが付着しているんですって(; ゚ ロ゚)
だから、《早めに・定期的にのお掃除》が必要!

とってもいい勉強になりました(^^)
カビが目立たない初期的の段階なら、エタノール(アルコール)でお掃除も楽チンでしたよ♪

定期的に行うことで目に見えてカビが出てくる・・なんてことも無くなりますし、ぜひ日々のお掃除にプラスしてみてください(^_^)
今回は、そのやり方をご紹介します♪

スポンサーリンク

まずは道具を揃えましょう♪
これがあれば、とっても楽チンです(^^)

お風呂の天井カビ撃退に必要なもの

kako-Non14ZVaSjTqVsqD

  • エタノール
  • フロアモップ
  • キッチンペーパー
  • (スプレーボトル)
  • (ゴム手袋)

エタノールは、殺菌作用があるだけでなく、カビのタンパク質を分解するので、お風呂の天井にはもってこいなんです(^^)

スプレーボトルは無くても問題ないですが、キッチンペーパーに染み込ませる際にあると便利です。最初からこういった、一体型のエタノールを使われてもいいですね♪

また、エタノールは脱脂作用があるので、手が荒れやすい方はゴム手袋をされると安心ですよ。

では、掃除方法を見ていきましょ~(^^)

スポンサーリンク

お風呂の天井カビ撃退方法の手順

※エタノールには引火性・揮発性があるので、取り扱いには注意してください。
(火のある場所へは近づけず、必ず換気をしながら掃除は行いましょう)

  1. フロアモップにキッチンペーパーを取り付けます。
  2. tenzyou3

  3. そして、エタノールをキッチンペーパーに染み込ませます。
  4. tenzyou4

  5. 奥から手前に動かす要領で、お掃除していきます。
  6. tenzyou5

これで終了♪
キレイに見えても、キッチンペーパーが汚れました。

tenzyou6

これで見えないカビ撃退もバッチリ(^^)何もしないときに比べたら、カビが生えにくくなるんです。
定期的にちょこちょこ行おうと思いました。

そして、ここまで読んでくださったあなたに、もう1つお伝えしたいことがあります。
天井をお掃除したついでに、ここもお掃除されると、大掃除が楽チンになっちゃいます♪

換気扇汚れもエタノール(アルコール)でお掃除!

tenzyou7

天井のお掃除が完了したら、ぜひ換気扇も一緒にお掃除されてみてください。

手順はエタノールを吹きかけて、ブラシやクロスを使ってこするだけ♪

天井ももちろんですが、換気扇もカビの撃退をしておかないと、カビの胞子が降ってくることになってしまいます。
見えない胞子を吸い込んでしまっているかも・・と思うと、やっぱり嫌ですよね(>_<)

天井もですが、毎日じゃなくて大丈夫なので、ぜひこちらも時々お掃除してあげましょう♪

では、最後に今回のお掃除方法のまとめと、うめの余談話(カビ取り剤を使わない訳)をどうぞ(^^)

うめのまとめφ(.. )

お風呂天井のカビ撃退

  • カビがまだ見えない初期の常態なら、エタノールで拭き取ればOK
  • フロアモップにキッチンペーパーを取り付けて行えば、楽チン♪
  • カビの胞子が落ちてくる原因となるので、換気扇のお掃除も取り入れる

これを実行すれば、大掃除のときには楽~になりますね(^_^)

エタノール(アルコール)でしたら、安心して使えますし♪
カビの胞子から、大事な家族を守りましょ~(^^)

《余談》わたしがカビ取り剤を使わない訳

ここからは余談ですが、わたしはお風呂のカビ退治に、カビ取り剤は使いません。
なぜかというと、よく売られている塩素系のカビ取り剤を使いこなすのが大変なのと、少なくとも体に悪影響があるから。

子供の頃は、家の大掃除に使っていましたが、結構独特なツーンとした匂いがしますよね。
敏感な方はあの匂いを吸うだけで、気分が悪くなったという方も多いのでは?

取り扱いで、【よく換気して使う】とあるのは、吸っても体に悪い影響があるからということ(>_<)

素手で扱うことも厳禁だから、使用するときには注意しなければいけません。

たとえ換気していても、スプレーで浸け置きして、こすって流す・・という作業で、どれだけ呼吸するんだろう?と考えると怖くて使えないのと、その労力の面倒さを考えたら、小まめにお掃除したほうがいいということで、今回の方法を取り入れています。

だって大袈裟かもしれないけど、完全防備することを考えたら、これぐらいは用意しないと心配・・

  • シャワーキャップや帽子
  • ゴーグル
  • マスク
  • ゴム手袋
  • 長靴
  • 合羽

準備した物の後片付けの手間も増える、掃除方法だけで結構疲れる、ゴムやパッキンが傷む原因にもなる、すすぎを何回もしても匂いが残ってしまった経験から・・

やっぱり小まめにお掃除したほうが楽チンで、体にも安心という結果に、わたしはなりました。
今回のお掃除方法ならペットを飼っていても安心ですしね♪

子供の頃、わたしは取り扱いに注意な洗剤を安易に使っていたように思います。
そうならない為にも、取扱説明書は面倒でもマジメに読む。これ、本当に大事~!

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)