3月の北海道での服装!どんなことに気をつけたらいい??

3月の北海道・・どんな服装にしようか迷いませんか?

hokkaido2

わたしも3月に遊びに行く予定が決まると、靴から上着まで悩んだものです(・Θ・;)

でもね、割と北海道ってお家がポッカポカだから、屋内では薄着でも大丈夫な事が多い。

主人なんて冬でも基本、家の中ではTシャツ。これは、マネしないほうがいいですけどね(笑)こういう人が道民では多いんだよって主人は言いますσ(^_^;)ホント?

・・とそれはいいとして。
3月といえど、旅行で来られるなら、暖かい服装が絶対いいです!
地域差はあるけれど、外はまだ寒いですからね(^^)

温暖化の影響からか、最近の北海道では道民も予測できないくらいの大雪や、暴風雪もあったりしますから、予報のチェックも大事です。

今日は、そんなことも含めて、3月の北海道の服装で気をつけたいことをお伝えしたいと思います♪

暖かい服装がいいって言っても、観光に行く場所や積雪量によってはこうした方がいいとかあるので、いくつかチェックポイントってあるんです。

わたしの服装も少しだけご紹介♪北海道へ旅行に来られる方の参考になれば、とても嬉しいです(^_^)

スポンサーリンク

まず始めに、3月の北海道旅行はどちらの地域へ行かれますか?

というのも3月の服装といえど、とても広い北海道・・。行かれる地域によって、雪の降る量だったり寒さが全然ちがうんです。

住んでみて分かりましたが、例えば札幌と道東なんかでは大きく違う(・Θ・;)
なので、行き先の状況をチェックされることを、まずお勧めします。

チェックの方法もいくつかの気象庁のページを見ると分かりますので、チェックの仕方からご説明しますね(^^)
その後に、チェックした上でのお勧め服装をお伝えします♪

北海道の旅行先【地域によって積雪量と寒さが違う!】

チェックの前にだいたいの目安を、地域別に6つ出しました。まずは、こちらで地域差を掴んでいただければと思います。

日本海側、オホーツク海側、山岳部の環境下で、どうやら気温も降雪量も違ってくるようです。

  • 函館
  • 北海道の中では、雪は割と少なく、気温が高い地域

  • 札幌
  • 北海道の中では、雪が多く、函館よりは寒い地域

  • 小樽
  • 札幌と同じくらい。ここ最近、一部地域では雪が多い

  • 千歳
  • 札幌や小樽より雪は少ないが、気温は低い

  • 旭川
  • 北海道の中では、雪は普通~多いくらい。気温は低くとても寒い

  • 網走
  • 北海道の中では、雪は割と少ないが、寒い地域

わたしは道東在住なので、雪は割と少ない地域なのですが、とても寒いです。
冬の時期、札幌の主人の実家にお邪魔するときには、「こっちの方は割と暖かいね~」ってなるくらい温度差があります(゚ー゚;A

こういったことも頭に入れておかれると、移動される場合なんかは便利かもしれません(^^)

さて、これが分かったところで、今度は行かれる地域の環境をチェックしましょう!
チェックポイントは気温と積雪量です(^_^)

まだ雪がどのくらいあるのか?まだ寒いのか?といったことから、足元の状況も予想ができます。
これは、気象庁のページでチェックしてしまいましょう♪

スポンサーリンク

雪と気温のチェック方法!

hokkaido4

3月でも、急にまた雪が降ってきた!なんてことも、北海道では少なくありません
これは雪が割りと少ない地域でも言えること。しっかり事前に、その地域の天気予報と積雪量はチェックしましょう。

こちらの気象庁のページでは、週間予報がチェックできます。(釧路・旭川・札幌以外の場合は、行かれる地域に切り替えてご覧ください)
気象庁《週間天気予報》

続いて、積雪量♪こちらも気象庁のページから確認することができます。
北海道《積雪状況》

あなたがお出掛けされる日の状況はいかがだったでしょうか?

ここで分かることを、いくつかあげておくと・・

  • 積雪量 ⇒ 歩きやすさ
  • 前後の天気 ⇒ 雪の状態
  • 最高最低気温差 ⇒ 路面の状態

といったところでしょうか。

それからもう1点、足元の歩きやすさの目安として【つるつる予報】というものが北海道ではあります。
残念ながら、今のところ札幌中心部のみの情報なのですが、翌日の足元の状況をレベル1~レベル3で教えてくれます。

札幌へ旅行へ行かれる方はこちらも参考にされるといいかもしれません。(毎日17:30に翌日の情報が出ます。情報は翌日10時には消えてしまいますので、ご注意ください)
翌日の札幌中心部《つるつる予報》

天気予報はあくまで見込みですが、わたしは大雪の可能性や積雪量・気温をチェックしておいたお陰で、慌てて現地で何か調達するといったことが今まで無く過ごせました

異常な気温、大雪だってこのご時勢では有り得ますから、楽しい旅行になるように地域の情報はぜひチェックしていただければと思います(^_^)

では最後に、服装のチェックに参りましょう!
観光する場所によって、服装を変えることがポイントですよ♪

三月の北海道の服装は3つのポイントを押さえよう♪

3月でも寒いことが例年多いことを考えて、服装を考えました。
そういった状況で、気をつけたいポイントはこちらです!

  1. 屋外滞在が殆どなら、防寒対策は万全に!
  2. 屋内滞在の時間も多いなら、トップスは脱いで調節できるものを!
  3. 足元は防水、滑りにくいものがベスト!

例年、どんな気候になるかは変わってきていますので、天気予報や積雪量のチェックは欠かせないですが、3月の服装のポイントはざっとこのような感じです♪

では1つずつ、わたしの服装も少し写真で載せさせていただきながら、説明していきますね。
その後に、【雪も殆ど無くて暖かそう!】といった状況の服装もお伝えしていきます(^^)

【1】屋外滞在が殆どなら、防寒対策は万全に!

3月といえども、北海道はまだ寒いです。先程お伝えしたように、地域によって差はありますが、風邪をひかないように暖かいアウターは持参してください。

特に、夕方以降から朝にかけては冷えますので要注意。
外での観光が多いようであれば、暖かいインナーウェアや手袋・マフラー・耳あてやニットキャップもあると安心でしょう。

sangatu3
(↑わたしのトップスとコートの例)

わたしはめちゃくちゃ寒がりでお尻が冷えやすいので、基本長めのアウターですσ(^_^;)
寒い地域や、気温が低ければ、まだダウンを着ます~。

もちろん、暖かいインナーウェアも寒そうだったら、まだまだ着ますっ(^^)
sangatu4

【2】屋内滞在の時間も多いなら、トップスは脱いで調節できるものを!

そして屋内に入る時間も多いなら、トップスは脱いだりして調節できるものにしましょう。

まだ寒い時期での、北海道の屋内はとても暖かく、暑いと感じることも多いです。バスや電車での移動時間がある場合にも、調節できる服装のほうが安心です。

sangatu2
(↑脱いで調節できるように、重ね着)

寒がりだけど、暑がりでもあるので、日程によって調節します。これは、パーカーの下に薄手の服を着て調節できるようにしています。

札幌の地下街とかって、とっても暖かいんですよね。
食事で温かいものを食べた後とかだと、暑くてたまんなかったりするんです(・Θ・;)

トップスが調整できるだけで、暑さのストレスはかなり和らぐと思いますよ♪

【3】足元は防水、滑りにくいものがベスト!

積雪量と天気を確認して、雪の心配があるときは、足元にも気をつけましょう。
晴れの日が続いても、雪が解けてぐしゃぐしゃ・・なんてこともありますから、防水加工のものが安心です。

北海道の人はスニーカーの人もいたけれど、初めの頃に主人をマネしてスニーカーで歩いたら、歩き慣れていないわたしは大変なことになりましたσ(^_^;)
だから、雪が残っている状態でのスニーカーはあまりお勧めできません。

hokkaido3

そして、最低気温が低ければ、夕方~朝にかけて解けた部分が凍ったりもしますから、滑りにくい靴底だということも大切です。

わたしはムートンを履いちゃう日もありますが、場所によっては滑りますからね(汗)

もし雪道で心配でしたら、《スノトレ》と検索すると、こんな感じの防水で雪道対応の靴が売られていますよ(^^)

雪も無く、意外と暖かそう!なんてときは?

意外と暖かそうであれば、靴はスニーカーなど一般的なもので良いでしょう。
しかし、気温が低い日が旅行中にあって、雨・雪が降る状況があれば、地面が凍る可能性もあるので注意してください。

気温が高くても、風が強いと意外と寒く感じたりもしますし、まだ夕方・朝は冷えると思うので、アウターは欠かさず持参しましょう。
インナーウェア・暖かい靴下やタイツ・手袋・マフラーもあると安心ですよ(^^)

寒くなったときのことを考えて用意しておいて、調節できる服装がいいと思います♪

おわりに..

3月の北海道での服装は、掴めましたか?

街中は足元が歩きやすくなっている場合が多いですが、ぜひ気温と天気・積雪量の状況は事前にチェックしてみてください♪
これで、旅行前の北海道の状況は掴めますし、『大丈夫かな?』なんて不安が和らぐと思いますよ(^^)

暑いのは脱いで調節できますが、寒いのは辛いですから、防寒対策もまだ忘れずに♪暖かいアウターと手袋・マフラーなどの防寒グッズも持っていくようにしましょう。

足元を気にせずに散策するなら、滑りにくく防水加工の靴があると、さらに安心っ。
屋内での滞在が多いときや、今年の3月は意外と暖かそうだな・・なんてときは、調整できるように対策をとってみてくださいね♪

楽しい北海道旅行になりますように・・(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)