画びょうで空けた穴を簡単に修復!小さな穴なら綺麗に仕上がる!

カレンダーなどで空けた画びょうの穴・・
模様替えをするときに気になってしまうことってありませんか?

わたしもつい先日、いろんな場所に作ってしまった穴が気になってしまい、グッズを使って修復してみることにしました。

クロスの穴を埋めるお手頃グッズが、ホームセンターには売っているんですよ(^^)

試してみた結果は、このような感じ♪

画びょうであけた穴を穴埋め剤で修繕する前と後

大きな穴は難しかったのですが、小さな穴はとても綺麗に穴を埋めることに成功しました(^_^)

今回はこちらを使ってみた様子をご紹介していきます♪

スポンサーリンク

結論から言ってしまうと、普通に開けた小さながびょうやピンの穴は綺麗に修復することができました。
でも、ちょっと大きな穴となると、よく見ると修繕したのが分かるレベルに・・

器用な方なら、我が家のような広がってしまった穴も綺麗に修復できるのかもしれません(゚ー゚;A

使用した画びょうの穴埋めグッズ

今回、我が家で使用してみた穴埋め修復グッズはこちら♪

画びょうの穴埋め剤

「クロスの穴埋め剤スーパー」という商品で、ホームセンターで461円で購入してきました。

デパートなどでも販売されているようですが、ホームセンターには豊富に色が揃っていたので、実際に壁の色と合うのか見比べるができました。

色は、

  • ホワイト
  • オフホワイト
  • アイボリー
  • ベージュ
  • ライトグレー

があります。

混ぜ合わせることもできるので、自宅の壁の色に合うように自分で配合することも可能です♪

お手頃価格なのも嬉しいですよね(^^)
早速、穴の修復をしてみました♪

画びょうの穴を修復してみた様子

こちらの穴を修復してみます。

画びょうであけた穴

まず、穴埋め剤を穴に埋めていきます。

画びょうであけた穴に修復材を埋めている様子

ノズル式になっているので、とても簡単です♪

それから、付属のヘラで余分な部分を取り除きます。

画びょうであけてしまった穴に修復材を埋めてヘラで余分な修復材を取り除いている様子

我が家の壁のように、デコボコしているような素材なら軽くトントンとならしてみるのもいいかと思います。

すると、こんな状態になりました♪

修復材をつかって画びょうであけてしまった穴を埋めてみた後

穴が綺麗に埋まっています(^^)

綺麗に周りのデコボコと同様に再生する場合は、周囲に合わせて穴埋め剤を盛り付けて、乾燥させた後にドライヤーを当てると、より自然な膨らみが再生できるようです。

スポンサーリンク

たくさんの穴がある場所でもやってみました

こんな風にたくさんの穴があると、気になってしまいますよね(・Θ・;)

たくさんあけてしまった画びょうの穴

この場所も埋めてみました!

たくさんあった画びょうの穴を穴埋め剤で修復してみた様子

よく見ると、穴のあった場所がへこんでいるのが分かりますが遠目からだと全然気になりません。

わたしはこれで満足してしまいましたが、へこみは穴埋め剤をもう1度塗布してなじませれば、もっと目立ちにくくなると思います。

大きな穴の場合

さて、問題は大きな穴の場合です。

画びょうであけてしまった大きな穴

これは、とても苦労しました。

何度か試してみて、こんな感じです。

画びょうであけた大きな穴を穴埋め剤で修復した後

器用な方なら、もっと綺麗に仕上がるのかもしれませんが、わたしのやり方だとこれが限界(;^_^A

小さな穴に比べると目立ちやすくなってしまいました(汗)
言われて探せばすぐ分かってしまうかなというレベルです。

穴がボコボコよりは良くなったので、わたしはこれでよしとしましたが、もっと器用な方なら綺麗にできるのかもしれません(>_<)

うめのまとめφ(..)

壁にあけた穴の修復は、小さな穴なら簡単でした(^^)

画びょうであけた穴を修繕する前と後

うまく塗布してなじませれば、どこにあったか分からないくらいになります。

今回は、「クロスの穴埋め剤スーパー」という商品を試してみましたが、ホームセンターや通販では色々な商品が売られています。

大きな穴の修復は難しく感じたのですが、もしかしたら別のもので行えば、もっと簡単に仕上がるかもしれませね♪

お手頃価格なので、ぜひ気になる方は試してみてください(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください