ブラウニーの型の代用方法!家にあるもので作っちゃおう

ブラウニーを作ろうと思ったけど、専用の型が無い!

そんなとき、我が家では家にある物で代用します(^^)
型が無くても、家にある物を使えば、ばっちり焼けちゃうんですよ。

型はしまう場所もとりますから、わざわざ買わなくても大丈夫♪

今回は、そんなブラウニー型の代用方法3つを、詳しく写真付きでご紹介します!

スポンサーリンク

ブラウニー型の代用方法【3つ】

ご紹介する方法は、こちらの3つです。

  1. アルミホイル
  2. 牛乳パック
  3. 100円ショップのグッズ

アルミホイルと、牛乳パックなら、お家にあることが多いのではないでしょうか(^^)
詳しく見ていきましょう♪

【1】アルミホイルをブラウニー型として使う方法

アルミホイルを型として代用するときは、3枚重ねにして形を作っていきます。

アルミホイルでの作り方

  1. アルミホイルを3枚、同じ大きさに切り、重ねる
  2. こうすることで、強度が増して、型として使えるんです♪

  3. 4辺を2回ずつ折る
  4. 1回だと、強度が弱くなってしまうので注意してください。

  5. 角を合わせるように折る
  6. 最初に折った箇所を立ち上げて、折り曲げた角を合わせる
  7. 残りの3つの角も同じようにする

これで型の完成です(^^)
このまま、生地を流し込んで使えますよ♪

アルミホイルの大きさを変えたり、折り曲げる長さを変えれば、色々な大きさのブラウニーの型が作れます。


(↑先程よりも大きめ)


(↑もっと小さめ)

強度が心配かもしれませんが、2回折り曲げて、しっかり側面を作れば、大丈夫です(^^)

では、次に牛乳パックを使った代用方法を見ていきましょう!

スポンサーリンク

【2】牛乳パックをブラウニー型として使う方法

牛乳パックには、色んな作成方法があるのですが、ここでは3パターンご紹介します。

  1. 好きな形に整える型
  2. 1辺だけをくり抜いた型
  3. 半分に切って作る型

まずは自分で好きな形に整える方法から順に、ご紹介します。

①好きな形に整える型

  1. まず、牛乳パックを分解して開く
  2. 底の部分は切り取る
  3. 注ぎ口部分も切る
  4. 自分の作りたい大きさになるように、折り曲げる
  5. 角4箇所に切り込みを入れる
  6. 重ね合わせるようにして、ホチキスで止める

これで完成!

牛乳パックで焼く場合には、クッキングシートを敷いて焼きます。
なので、ホチキスで止めても大丈夫です。

では、次にもっと簡単な方法2つです。

②1辺だけをくり抜いた型

  1. 側面にハサミを通す
  2. ケガをされないよう、注意してくださいね。

  3. そのままハサミを入れて、端まで切る
  4. 1つの側面を切り取る
  5. 注ぎ口部分をホチキスで止める

深めの型の完成です♪
使用するときには、こちらもクッキングシートを敷いてくださいね。

次は、もうちょっと浅くしたい場合の作り方です。

③半分に切って作る型

  1. 縦半分に切り取る
  2. 注ぎ口部分の折り目に沿って、2箇所切り込みを入れる
  3. 重ね合わせて、ホチキスで止める

牛乳パックなら、こんな感じに作れます。
まだまだアレンジがきく方法ですので、便利です(^^)

オーブンに入れても、もちろん大丈夫!


(↑170℃で25分間、焼きました)

でも、牛乳パックで焼く場合には、注意点が1つあります。

牛乳パック型で焼く場合の注意点

それは印刷面に注意が必要ということです。

こんな感じで、クッキングシートを敷いてから、天板に載せないと、印刷面が溶けて天板にくっついてしまいます(汗)

なので必ず、天板と内側にクッキングシートを敷くようにしてくださいね♪

ちなみに、内側のクッキングシートは、こんな感じで型に合うように切って・・

合わせていくだけでも敷けます(^^)

角付近で折るイメージです♪

では、最後に100均グッズでの型代用方法をご紹介します。

【3】100円ショップのグッズをブラウニー型として使う方法

100均でのグッズを使うなら、パウンドケーキ型やマフィン型が便利です。


(↑パウンドケーキ型)


(↑マフィン型)

平らな可愛いマフィン型も売られていますので、ぜひチェックしてみてください♪

そのまま、ポンっとラッピングできるので、わたしはマフィン型をよく使っていますヽ(*^^*)ノ

さいごに..φ(.. )

ブラウニー型の代用方法は、いかがでしたでしょうか?
わたしは時々しか作らないお菓子やパンなら、型はほとんど代用物です(^^)

かさばらないですしね!

わたしの1番のオススメは、アルミホイル
クッキングシートいらずで生地を流し込めて、そのままペロンっと剥がせてカットできるから、楽なのです(笑)

型がないときには、ぜひアルミホイルや牛乳パック、100均グッズを活用してみてください♪


ブラウニーのラッピング!包み方でいろんなアレンジを楽しもう!

我が家のブラウニーラッピング方法も、まとめてみました♪
プレゼントやお出掛けに持っていく際にも便利です(^^)
スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)