節分に落花生をまく地域!どうして落花生なの?

北海道にお嫁に来て、こちらでは節分の豆まきに落花生を使うことを知りましたΣ(・ω・ノ)ノ!

mamemaki2

落花生といえば、ピーナッツ・・
大豆とどちらが好きかと聞かれれば、ピーナッツのほうが好み。

でも、なんで落花生?わたしは埼玉育ちで、福豆は大豆というイメージが根付いていたので、少々ビックリ(゚□゚*)

日本では、他にどんな地域で落花生がまかれているの?なぜ落花生?まいた後の食べ方は?
そんな疑問がでてきましたので、いろいろと調べてみました(^^)

スポンサーリンク

落花生をまく地域ってどんなところ?

調べてみたところ、意外と広い地域で落花生をまいていることが分かりました。
全ての家庭で、落花生というわけではありませんが、節分に落花生をまくと分かっている地域は次の通りです。

  • 東北地方
  • (青森、秋田、岩手、宮城、山形)

  • 中部地方
  • (長野、新潟)

  • 近畿地方
  • (和歌山)

  • 九州地方
  • (佐賀、鹿児島、宮崎)

  • 北海道

寒い地域だけかと思ったら、九州でもちらほらと落花生をまいている地域があるんですね~!もしかして、広まってきているのでしょうか?(^^)

スポンサーリンク

落花生をまく理由は?

さて、次に落花生をまく理由です。主人のおばあちゃんに教えてもらいました♪

それは・・

  • 殻付きなら、まいた後も食べられるから
  • 衛生的で子供がいても安心だから
  • 大きくて、雪の中でも拾いやすいから

落花生をまく地域では、殻付きで行います。

たしかに落花生だったら、まいた後も無駄にならずいいですよね。
大豆だったら、踏んでグシャ!なんてことも多いですから(゚ー゚;A

食べ物を粗末にしない】そんな考えからも、落花生をまく習慣は生まれたようです。
他にも調べてみたら、落花生は大豆よりもカロリーが高いということも、寒さが厳しい地域では好まれていた理由のひとつ。

知らないだけで、地域差っていろいろあるんですね^^

mamemaki3

北海道も元々は大豆をまいていた

これも、おばあちゃんから聞いたのですが、北海道でも昔は大豆をまいていて、途中から落花生に変わったんだそうでです。

調べてみたら、落花生に変わった時期は昭和30年代頃
国内で、落花生の生産が拡大してきた時期です。

落花生が有名な千葉では、大豆をまく家庭が多いのに不思議ですね^^

落花生をまいた後の食べ方は?

さぁ、今度は豆まきをした後。
年の数だけ食べると、その年は風邪を引かずに身体が丈夫になると言われて育ちました。

でも落花生って、粒が2つ入りが多い。どう数えるの??「(゚ペ)そう疑問に思ったわたしでしたが・・

それは、好きなようでいいようです(笑)
殻に入った状態のものを1つとして数えてもよし、豆を数えてもよし。なんだそうですよ^^

ちなみに、主人は殻で数える派(^^)わたしも今年から、落花生を豆まきではまき、殻で数えることになりそうです♪

こちらでは、節分が近づと落花生がスーパーに並ぶそうなので、楽しみ♪
時期がきたら、スーパーの様子や買った落花生など、また追記したいと思いますヽ(*^^*)ノ

追記

節分の時期、スーパーへ行ったら殆どが落花生でした。

mamemaki

でもちょっとお高かったので、今年はお家に余っていた落花生をまきました~(・・。)ゞ

おわりに..

いかがでしたか?

落花生をまく地域って、意外とたくさんあって驚きました(^^)
雪が降る地域だけじゃなく、九州の一部でもまいてる家庭があったんですね♪

食べ物を粗末にしない考え方には共感できます。
それに、家具の隙間に入っちゃうなんてことも少なそうで、片付けをする主婦にとっては有難いですね(*^-^)

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)