クッキーへの文字の書き方は?お勧めの方法4つをご紹介!

スポンサーリンク

クッキーの文字入れ、どうしようかなって迷っていませんか?
わたしもお菓子作りを始めたとき、「できたら簡単な方法がいいけど綺麗に仕上げるには?」と悩みました。

後片付けも考えると、やっぱりお手軽な方法がいいなぁとも思いますよね。

最近はお菓子を作る機会も増えたので、クッキーの文字入れもいろいろと試行錯誤してきました。

moji

そして「これは楽だな」という方法が分かってきましたので・・
今回はクッキーの文字の書き方【オススメ4パターン】を、実際に行っている写真と共にまとめてみます。

クッキーに文字を入れるとき、チョコを使う場合とそれ以外の方法があります。

チョコを使えば、ぷっくりとして可愛いし、味にアクセントが出ます。

moji9

でも、暑い日には溶けやすいデメリットもあり、ラッピングしたときに袋にくっついてしまう可能性も。

それ以外の方法は、焼く前に文字を仕込んでしまうという方法。
これだと、暑い日やラッピングで文字が崩れる心配が少ないです。

moji18

なので用途によって、チョコを使うか、焼く前に文字入れするかを決められるといいと思います(^^)

スポンサーリンク

クッキーの文字入れ【4つの方法】

チョコを使う場合

  • 市販の小袋チョコを使う
  • 100均にあるグッズを使う

焼く前に文字入れする場合

  • ココアを使う
  • スタンプを使う

【1】市販の小袋チョコを使う

まず、チョコを使うパターンです。

こちらの小袋になっている商品を使ってメッセージを書いていきます。

moji2

板チョコを刻んで湯銭にかけると時間もかかってしまうけど、これならお湯にポンと入れておくだけ♪

moji3

チョコが溶けたら、ハサミで先端を切ります。

moji4

文字を細くしたいなら、ギリギリにところで切ります。

moji5

これで、あとは焼いたクッキーに書いていくだけ♪

moji7

ぷっくりと可愛らしい文字が完成します(^^)

moji8

手っ取り早く、文字を書きたいときにはオススメの方法です。

【2】100均にあるグッズを使う

今度は、板チョコを使いたい場合にオススメの方法です。

湯せんにかけて、爪楊枝などで文字を書いても問題ないのですが、わたしは時短目的でこちらを使っています。

moziire

ダイソーで購入した、チョコレートペンになるグッズです。
シリコン素材でできていて、板チョコを入れてレンジにかければ、チョコペンとして使えるんです(^^)

moziire2

2/3程、チョコレートを加えて、レンジで加熱。

moji23

加熱後は熱いので、しばらく放置してから使います。

moji24

このグッズの利点は、冷蔵庫にも冷凍庫にも入れておけること♪
次の日にも使いたいなんてときに重宝しますし、ポンっとチョコを入れて温めている間に、別の作業ができるんです(^^)

でも、このチョコペンは出てくるチョコが少し太めなので、細かい作業にはあまり向きません。

書くとしたら大きめのクッキーをお勧めします。

moji25
スポンサーリンク

3】ココアを使う

ここからは焼く前に文字を入れる方法です。

まずはココア
これを水と混ぜて、使っていきます。

moji11

試しに、製菓用のココアと飲むココアで比べてみました。

これにお水を数滴たらし、混ぜてトロっとなるくらいにしていきます。

moji12

そして、爪楊枝やピックを使って、文字を書いていきます。

moji14

こちらは飲むココア。

moji15

絵を描いてみましたが、描いた部分がじわ~っと少し広がる感じでした。

moji16

一方、製菓用のココア。

moji13

こちらは、細い線も変わることはありませんでした。

moji17

焼き上がりは、こんな感じ。

moji29

飲むココアはテカリがあって、ぷっくりしています。
一方、製菓用はテカリもなく、脹らみはあまりありません。

これは好みが分かれそうですね。
わたしは製菓用タイプが扱いやすく、見た目も好み(^^)

ただ、製菓ココアは均等にうまくのせないと、文字の線に亀裂が入ることがあったので、少なすぎずにのせることもポイントみたいです。

moji22

ココアでの方法は、自分で載せる量を調節できるので、チョコよりは簡単かと思います。(ただ、ココアをつけて書いて・・と、手間はかかりますね)

【4】スタンプを使う

最後は、スタンプを押す方法です。

moji26

今、100円ショップには、こんなスタンプが売られています♪(便利ですね~)

sutanpu

アルファベットだけじゃなく、ひらがなバージョンも売られていましたので、これを使ってから焼くというのも手です(^^)

画像はセリアで購入したものですが、ダイソーやキャンドゥにも売られています。

インターネットでも同じようなものが売られていますので、 100円ショップがお近くにない方はチェックされてみてください。

クッキースタンプを使った様子は、長くなってしまったので別のページでまとめてみました。
気になる方は、覗いてみてください。

おわりに..φ(.. )

今回ご紹介した中に、気になる方法はありましたか?(^^)

メッセージを書くのって、ワクワクしますよね♪
ときどき、「これ何て読むの?」なんて言われることもあるんですけど、それはご愛嬌(笑)

甘さ控えめにしたいときは、ココアや高カカオのチョコで、メッセージや絵を描いたりと楽しんでいます。

あなたの思い描いているクッキーが、できあがりますように..*

コメント

  1. 父の日のクッキーお父さんの顔の作り方は?型はどうする? より:

    […] クッキーへの文字の書き方は?お勧めの方法4つをご紹介! […]

  2. ちさっこ より:

    小袋チョコを使う方法、天才だと思いました!
    これなら面倒じゃない!真似してみます(*´∀`)

    • うめ うめ より:

      ちさっこさん

      お返事が大変遅くなり、申し訳ありません。
      コメントありがとうございます(^^)

      小袋つくってくれた方に感謝です~
      これだと片付けも楽ちんで有難いですよね♪

タイトルとURLをコピーしました