パプリカとピーマンの違いは5つある!似てるようでちがう?!

パプリカとピーマンの違いを聞かれたら、あなたは答えられますか?

papurika

わたしは、サッパリ分かりませんでした(゚ー゚;A
パプリカは値段が高いから、ピーマンに比べて栽培が大変なのかな?」と思ったぐらいです。

おつとめ品として安く売られていると、つい買っちゃうパプリカ。

見た目が似ているピーマンと何が違うのか、ふと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

調べてみたら、パプリカとピーマンは大きく分類すると仲間だということが分かりました。

まずはそこから確認して、その後に細かい違いを見ていくことにしましょう(^^)

元々はどちらも大粒トウガラシ?!

実は、パプリカとピーマンは、どちらもナス科トウガラシ属に分類されています。

どちらも、辛くない大粒のトウガラシということなのですΣ(・ω・ノ)ノ!

原産地は熱帯アメリカで、15世紀にコロンブスによってもたらされました。
その頃、江戸時代の日本では、甘トウガラシが作られていたとも言われています。

そして、栄養価の高さが注目され、1960年代頃から一般家庭にも浸透してきました。
洋食文化の影響も大きかったようですね。

なのでざっくり言うと、パプリカとピーマンの違いは、同じ大粒のトウガラシの仲間でも品種が違うということ。

papurika3

上から見ても、ソックリ。
どちらも辛くないトウガラシだったとは、驚きですね~。

でも、それぞれの具体的な違いはどういったことにあるのでしょう。
今度はそちらを細かくチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

パプリカとピーマンの違いは5つあった!

それぞれを調べていくと、違いは5つあることが分かりました。

  1. 収穫時期
  2. 食感
  3. 栄養価
  4. 青臭さ

1つずつ、確認していきましょう!

【1】収穫時期の違い

まず、大きな違いは収穫時期です。

  • ピーマン⇒未熟な状態で
  • パプリカ⇒完熟してから

と、生育具合が全く違っての収穫になるのです!

ピーマンは、お花が咲いて30日程の十分に肥大していない未熟期後半に収穫されます。
一方パプリカは、適温の環境下で約7週間をかけて完熟し、カラフルな色となり収穫されます。

ここで、「ん?」と思われた方もいらっしゃるのでは?

そう、ピーマンも熟せばカラフルな色になるのです。
実際に、カラーピーマンとして販売もされています。

papurika6

ちょっとややこしいけれど、品種の違いなんですね。
これはカラーピーマンで、パプリカではないのです。

パプリカよりも大きなジャンボピーマンという品種もあったりと、大きさだけでは違いを判別できないところが、消費者にはややこしいところですね(゚ー゚;A

【2】味の違い

続いて味の違いです。

「ピーマンの苦味が嫌いだけど、パプリカなら全然平気♪」
という方がいらっしゃるように、パプリカは甘みがあることが特徴です。

完熟した状態で収穫しているので、苦味がほとんど無いんですね。

ピーマンも先程のカラーピーマンのように熟したものであれば、甘みが増して食べやすくなっています(^^)

【3】食感の違い

さらにパプリカの品種は肉厚です。

papurika4

このようにピーマンと比べてみても、実の部分が分厚いですよね。
実は柔らかいので、生食にも向いているのです。

【4】栄養価の違い

そして次に栄養価の違いです。

基本的にはどちらも似ていて、栄養満点な優秀野菜です。

でも、細かい違いはというと、

  • パプリカにはビタミンCとカロテン
  • ピーマンにはピラジン

が豊富に含まれています。(ピーマンにもビタミンCとカロテンは含まれています)

パプリカのビタミンCとカロテンは、強い抗酸化力作用があります。

パプリカの抗酸化力

  • 動脈硬化の予防
  • 糖尿病の予防
  • ガン予防
  • 皮膚や目の粘膜を保護
  • など

これはパプリカの色に関係しているからなんですね。
赤や黄色などの色の違いは、カロテノイドの種類が違うから。

  • 赤いパプリカは、カプサンチン
  • 黄・オレンジは、ゼアキサンチン

というカロテノイドが含まれているんです。
これらが、強い抗酸化力をもっていてピーマンとの違いなのです。

ビタミンCの含有量も、緑⇒黄色⇒赤の順番で多いことも特徴です。

【5】青臭さの有無

ピーマンには青臭さがあるけれど、パプリカにはありませんよね?
これはピラジンという栄養素が含まれているからなのです。

体にも嬉しい効果があるといわれています。

ピーマンのピラジン

  • 血液サラサラ効果
  • (血栓や血液の凝固を防ぐ効果)

  • 脳血栓の予防
  • 心筋梗塞の予防
  • など

しかしピーマンの栄養素は、60年代半ばに比べると、ビタミンCは7割くらい、B郡は半分に減ってしまった品種もあるそうです。
これは独特な味・青臭さから、品種改良が繰り返されて、食べやすくなった代償なのだそう。

たしかに、昔と比べたら食べやすくなったように感じますよね。

でも、ピーマンやパプリカのビタミンCは壊れにくいことが特徴
加熱にとても強いのです♪

ピーマンにもカロテンは豊富です。
油で調理すれば、カロテンの吸収も高められますよ(^^)

papurika5

味や食感に好みは分かれそうですが、栄養価はどちらも高くて優秀な野菜といえますねっ♪

ピーマンは栄養が減ってしまった品種があるとはいえ、お手頃価格で助かりますし、パプリカは高いけれど収穫に時間がかかると知った今、「値段が高いのもなるほど♪」とうなずけます(*゚▽゚)ノ

なんだかスッキリしました(笑)
最後に、パプリカとピーマンの違いを、もう1度おさらいしておきましょう(^^)

うめのまとめφ(.. )

パプリカとピーマンの違い

  • ピーマンは未熟な状態で、パプリカは完熟してから収穫される
  • カラーピーマンもあるけれど、パプリカとは品種が違う
  • パプリカは苦味がなく甘みがあって、肉厚で柔らかい
  • パプリカの色に含まれるカロテノイドに高い抗酸化力がある
  • ピーマンは血液サラサラ効果のピラジンが含まれていて、青臭さがある

パプリカとピーマンの違いは、いかがでしたでしょうか?

ちょっとややこしかったですけど、品種が違う同じトウガラシの仲間ということでした。
初めて知りましたが、トウガラシにも、ビタミンCやカロテンは豊富なんですって(゚゚;)!

家族の健康・美容のためにも、積極的にパプリカもピーマンも食べよう!と感じました(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)