クッキーのスタンプをセリアで購入!その使い心地は?

スポンサーリンク

クッキーにメッセージを入れたくて調べていたら、100円ショップに文字入れスタンプがあることがわかりました(^^)

sutanpu

なので、さっそく近所のセリアで購入してきました。(ダイソーやキャンドゥにも形は違えど、こういったスタンプは売られています。)

こちらは英語バージョンですが、ひらがなもありました。
実際に使ってみたら、可愛く文字が入れられて大満足♪

sutanpu14

ちょっと苦戦しましたが、楽しく作ることができました。
今回は大変だった点なども踏まえて、こちらの使い心地をレビューしていきます。

スポンサーリンク

使う前の準備

先に言ってしまうと、急いでいるときはこのスタンプ、あまりお勧めしません。
意外と時間かかっちゃう・・σ(^_^;)

パーツも小さいので、時間と心に余裕があるときにお勧めします。

sutanpu

まず、取り出したら洗剤で水洗いします。

この後、パーツを細かく切っていくので先に洗っておきました。

sutanpu3

そして、パーツを1つずつに切ってバラします。

ギリギリにカットしておくことがポイントです。
じゃないと、このスタンプ台に並べきれないんです。

sutanpu18

わたしはギリギリに切らず、最初に1つずつ適当に切っちゃったもんだから、後で面倒くさいことに・・。
1個ずつ、端を切り落とす羽目になったのでした・・(汗)

sutanpu8

ここまで終われば、あとはクッキーに押していきます。

スポンサーリンク

クッキーにスタンプしていく

セリアのスタンプ台は、6文字×3行までの文字を、1度に押すことができます。
「!」「?」「☆」「♡」の記号も付いていました。

sutanpu20

これで、スタンプしていきます。

・・・でも、わたしは最初に1つ目の失敗をしまいした。

sutanpu9

「THANK YOU♡」の文字を、普通にはめ込むという(;´ρ`)
何を考えていたのだか・・

結果、このように訳の分からない言葉に・・。

sutanpu10

反転するのをスッカリ忘れ、直して・・

sutanpu11

今度はKの向きを間違える。。

3度目の正直で、やっと正しくスタンプすることができました。

sutanpu12

(間違えたものは、全て自分で食べたことは家族には内緒です)

あと、「注意が必要だなぁ」と感じたことは、パーツの扱い方
外す際に勢い余って飛ばしてしまったりしたので、扱いにはちょっと注意しないとと感じました。

sutanpu14

またスタンプした際に、もしスタンプ文字にクッキー生地が入ってしまったら、爪楊枝で取り出したりする手間はありそうです。

でも、作ったクッキーは愛着が湧いてとても可愛い(^^)

軽めに押すだけで、くっきりと文字をスタンプすることができます。
(逆にギュッと強く押しちゃうと、クッキーの形が変わっちゃいます)

sutanpu17

名前をスタンプしたりと楽しみました♪

クッキースタンプ【片付け編】

さて、可愛いクッキーが焼けましたが、片付けが待っています。
ちょっと面倒だというのは、お察しの通りです(゚ー゚;A

使い終わった後、生地が詰まっていないか確認して(詰まっていたら楊枝で取り除く)、洗剤を泡立たせてザルの中で洗いました。
パーツが流されないように注意しないとです。

場合によっては、熱湯消毒や使う前にアルコール消毒も必要かなぁと感じています。

うめのまとめ..φ(.. )

扱いやお手入れが大変ではありますが・・

クッキースタンプは、普通に購入すると800円程という商品もあるので、108円でゲットできるのはすごくお得だと思います(^^)

sutanpu15

ちなみに今回使っていた、猫の型もセリアで購入したものです。

sutanpu19

ぜひ、あなただけのオリジナルクッキーを作ってみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました