クッキー型の作り方!アルミ板で好みの形を作ろう!

自分好みの形を作りたくて、アルミ板でクッキーの型を作ってみました。

今回は、誕生日ケーキとかに飾りたくて数字と・・

スヌーピーです(^^)

難しそうに思えるアルミ板での型制作も、コツを掴めば意外と簡単に作れてしまいます♪
それに材料費も安くて、たくさん作れる!(*^-^)

今回は、そんなアルミ板クッキー型の作り方を、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは、用意する物をご紹介しますね。
アルミ板の値段なども載せていますので、購入時の参考になさってください。

用意する物

  • アルミ板(0.3mm)
  • 耐水性の接着剤
  • カッター
  • カッターマット
  • クリップ
  • 軍手
  • 鉛筆
  • 消しゴム

あると便利なもの

  • ペンチ
  • 定規
  • ペンやのり(丸みをつけるときに使用)
  • ヤスリ(切断面がずれたり危ないときに使用)

今回、使用したアルミ板は、10cm×30cmです。
ホームセンターで172円で購入しました。

耐水性の接着剤は、350円くらい。
ちなみに、カッターマットは100円ショップで購入しています。

では、手順をご紹介していきますね!

スポンサーリンク

アルミ板で作るクッキー型【作成手順】

  1. まず、紙に作りたい形を書く
  2. あまり小さいと作りにくいので、最初は大きめの型から慣れていくと良いのかなと思います。

  3. アルミ板を2cm幅に切る
  4. 0.3mmの厚さであれば、カッターで切れ目を入れたら、最後まで切れなくてもパキっと折れます。

    ケガをされないように、軍手着用で気をつけてください。
    なんだかんだで、この作業が一番、神経を使った気がします・・(汗)

    もし、刃先がずれてしまってガタつきが出たり、ケガをしそうな切断面になってしまったら、ヤスリをかけてあげると安心ですよ。

    最後の1つは太めになりましたが、5つに分けられました。

  5. 作りたい型の形に整えていく
  6. 柔らかいので手で曲げることができます。
    でも、ケガをしやすいので、ここも軍手着用で作業をすると安心です。

    丸みをつけたいときには、ペンやのりを利用すると便利なので・・

    いろいろな太さのものを、事前にテーブルに置いておくと便利です(^^)

    直角にしたいときには、定規やペンチを使うと、楽~にできますよ♪
    個人的には、細かい部分の直角はペンチの方が簡単でした。

    こんな感じで、数字が作れました。
    手直し手直しで、ガタガタしていますがσ(^_^;)

  7. 接着剤で貼り付け、クリップで固定する
  8. あとは、接着剤で密着させます。
    使用後に洗うことも考えて、耐水性のものを使ってください。

    端1cm程を重ね合わせられるように、接着剤をつけてクリップで固定をします。


    (↑ちなみに、このクリップも100円ショップのもの)

    このまま、乾くまで放置し・・

    完全に乾ききれば、完成です!
    綺麗に洗って、使ってみました(^^)

実際に手作り型を使ってみた様子

アルミ板なので、市販の型と比べると柔らかいですが、型としては十分な使い心地です(^_^)
洗ったりするときに、力一杯握ったりしなければ、問題ないのでは?と思います。

作れたクッキーにも大満足♪
多少ガタつきがあっても、なんとか形にはなったので、自作できて良かったです(^^)

スヌーピーの型も試しに作ってみたけれど、これくらい複雑じゃない型なら、めっちゃ簡単に作れますよ♪

そして作った型は、かさ張らないように、100円ショップのクリアケースに入れて保管しました。
まだまだ余裕があるから、たくさん作れそう!(笑)

さいごに..φ(.. )

今回のアルミ板でのクッキー型制作が、参考になったらとても嬉しいです。

アルミ板0.3mmは、柔らかく扱いやすいのが特徴なので、コツを掴めば簡単♪(でも作る際には、先端は鋭利な材質ですので、ケガには気をつけてくださいね!

これなら、シンプルな丸型などでも、自分好みの大きさを作ることができますよね。

他にもこれで何ができるかな~と考え中です(^^)
とりあえず、アルミ板を追加購入して、残りの数字を完成させなきゃ!

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)