枕をクッションにリメイク!意外と使える形のクッションです

スポンサーリンク

新居に引っ越してから布団も一新したのですが、枕が合わず首が痛い日が続いていました・・。
それで買い換えていったら3つも枕が余るという結果に(゚ー゚;A

さすがに捨てるのは勿体無い・・!

ということで、クッションにリメイクしてみました(^^)

makura

細長い形にしたので、リビングで枕としても使えるし、ソファに座る際に腰部分に置いても気持ちがいいです♪

これ、実はカバーを作って枕を2つ折りにして入れているだけ。洗える枕なら取り出して洗濯できますし、作るのも簡単です(^^)

スポンサーリンク

枕をクッションにリメイクする際に必要な物

kako-skygIefOhEoep44f

  • ファスナー
  • 縫い糸
  • 縫い針
  • 待ち針
  • 手芸ハサミ
  • 糸切りハサミ

それでは作り方です♪

リメイククッションの作り方

①クッションの大きさを決める

kako-OQFfwvyGbuOslZ9J

わたしは枕をまるめてみて半分のサイズで作ろうと思ったので、枕の半分の長さより少し長めに生地を切りました。

kako-nxeRG6xEQp6nHJud

②生地をカットし縫っていく

makura

両端を縫ったら、ファスナーの片側を縫います。

そして、ファスナーを開けた状態で、反対側を縫います。

③枕を詰めて完成

kako-O0JLSW9xI2L9xz9z

いつもと違ったクッションが仲間入りしてリビングが違う雰囲気になりました(^^)

kako-6qAWmED85oEcmS0c

洗える枕なら、取り出してジャブジャブ洗ってお手入れできます♪

でも洗えなかったり、低反発で乾かすのに時間がかかるような枕なら、こんな方法でお手入れをしていますよ。

スポンサーリンク

洗えない枕クッションのお手入れ方法

洗えないときには、消毒用エタノールでスプレーして天日干しをしています(^^)

消毒用エタノールはドラックストアなどで手に入ります。

kako-UohXv7X6io5qdLNu

天日干しして乾かせば紫外線効果で殺菌作用も期待できるので、天気の良い日にスプレーをして乾かしています(^^)

うめのあとがきφ(..)

最近は作った枕カバーを肩甲骨の下に入れて仰向けに寝転がり、胸のストレッチをしたりしています。

その状態で腕を上げて伸ばしたりすると、バキバキに凝り固まったデコルテゾーンがスッキリ(=´▽`=)

たくさんの枕で困りましたが、リメイクできてよかったです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました