キャンディレイの作り方!ラップを使って簡単、可愛く!

ハロウィンパーティーで子供たちとゲームをしたときに、『なにか手作りの景品でも渡そうかな』と思い、こんなものを作りました。

rei15

飴を包んで、繋ぎ合わせたキャンディレイという、飴の首飾りです(^^)
よくバザーなんかで売られていて、可愛いなぁと思っていたんですよね♪

セロハンで作るともっと綺麗なんですけど、意外とセロハンって高いので・・
今回は節約してラップで作りました(^_^)

作ってみると、意外と可愛い♪
景品のつもりで作ったけど、もらえない子がいるのも可愛そうで、結局全員分を作りました(笑)

簡単にできますので、今回はこちらのキャンディレイの作り方を詳しくお伝えしますヽ(*^^*)ノ

スポンサーリンク

こちらの動画にも、今回のキャンディレイの工程を載せています。
文章を読むのはちょっと・・という方は、こちらでご確認くださいませ^^

それでは、材料と詳しい作り方です♪

材料

rei

  • ミニラップ
  • はさみ
  • マスキングテープ(セロハンテープでも)
  • リボン

この他に今回は、飴の包みに折り紙・お花用に画用紙も使用しています♪

では、作り方を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

作り方

まず、リボンを切ります。(今回は約7.5cmに切りました♪)

ちなみにこちらで使用したリボンは、フリルサテンの14mmという製品のようです(^^)

rei2

そして、輪にして、マスキングテープでとめます。
セロハンテープでもOKですが、今回はちら見えしても可愛いようにマスキングテープを使いました♪

rei3

そしたら、更に細いリボンや紐を使って、テープでとめた部分側で結びます。
リボンの形がいびつなら直して、可愛い形になったら、もう一度結んで、固結びの状態に。

rei4

紐は後ほど、レイに結ぶので長めに取っておいてください。
(この画像より、少し長めに取っておいたほうが結びやすいですよ♪(ちょっとケチり過ぎました(;^_^A ))

今回はピンクの他にブルーも♪
結んだ紐はエッジラメサテン3mmというものみたいです(^^)

rei5

1人8個の大奮発(笑)

rei6

そしたら、ラップにキャンディを並べていきます。

今回は、ラップも更に節約で半分に切りました。切らなくても、もちろん大丈夫ですが、切る際にはくっつかないようにご注意ください。

rei7

キャンディの包みは統一感が出るように、折り紙で包装しています。

首飾りの長さはお好みなんですが、足りなかったら、ラップで簡単に継ぎ足せますので調整されてみてください(^^)

rei11

この端と端を折りたたみ、合わせて・・

rei8

中間をキュッと絞ったら・・

rei9

先程、作ったリボンを結びます^^

rei10

最後のラップ部分は繋ぎ合わせてから、マスキングテープで留めて・・

rei12

今回はお花をそこに取り付けました♪

rei15

このお花は、クリーム色の画用紙を細長い雫の形に切ったものを、丸い黄色の画用紙に張り合わせて作っています。

rei13

こちらが裏面で、ここに両面テープをつけて、キャンディレイに取り付けましたよ^^

rei14

今回は、子供の写真がないので、主人にかけてみた様子です(笑)

rei16

ラップでも可愛く作ることができました♪

rain

いかがでしたか?

家にあるものを使って、簡単にできてしまうので、ハロウィンイベント以外にも活躍するのではないでしょうか?
小さな親戚は大喜びでしたので、わたしも子供ができたら、また作ってあげたいです^^

プレゼントで頂いたラッピングリボンも、こんな時に使えますのでとっておくと便利ですね(笑)
今回、こちらで使用したリボンも、家にとっておいた物なんですよ(^^)

ラップに包んで、飾りを結んでいくだけなので、ぜひ作ってみてください(*^-^)

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)