瓶の煮沸消毒のやり方は??コツさえ掴めば怖くない!

正しい煮沸消毒の方法はご存知ですか?

hozon

鍋に入れるタイミング・時間・用意したほうがいい物など、よく分からないことが多いのではないでしょうか?

わたしは煮沸消毒って、なんとなく瓶が割れてしまうような怖いイメージがあったのですが、いざ行ってみるとそんなこともなく、とても簡単でした♪

でも、ある点を守らなければ、割れてしまう恐れはあるみたい・・

今日は正しいやり方と、注意点をまとめてみます♪

スポンサーリンク

まずは、必要な物を揃えましょう。
やってみて、あやうく火傷しそうになったことが何度もあったので、あると便利なグッズも後ほど、ご紹介しますね♪

では、瓶の煮沸消毒の方法を確認していきましょう(^^)

瓶の煮沸消毒に必要なもの

kako-S4f3Yjztcavj3WP3

  • 瓶が浸かる深さの鍋、またはフライパン
  • 清潔な布巾2枚
  • トング(できれば専用のもの)

瓶を煮沸消毒する際の正しい方法

  1. まず煮沸消毒する瓶を、洗剤で洗っておきます
  2. 鍋に布巾を1枚敷き、瓶とフタを入れ、全て浸かるように水を注ぎます
  3. 布巾を敷くのは、沸騰中に瓶が傷つかないようにする為です(^^)

    kako-sOX9bG08WxtJ6crh

  4. 沸騰したら、そこから時間を図ります
  5. 5分以上は煮沸消毒したいので、タイマーは5分で設定します。

    ゴムパッキンが付いたフタなど、変形が心配なフタは2~3分で取り出しましょう

    kako-N49q4L1yoH2T96bH

  6. 時間が経ったら、落ち着いて引き上げましょう
  7. 5分で上げないとどうにかなるなんてことはないので、ゆっくり落ち着いて引き上げてくださいね(^^)

    kako-B8PK8OiUzw2dYqy6

  8. 清潔な布巾の上に置いて、自然乾燥させたら食品を詰められます
  9. kako-l3xaojWgpimd9Mq9

このような流れで煮沸消毒します(^_^)
注意点を踏まえ、もう1度ポイントをまとめてみます。

スポンサーリンク

瓶の煮沸消毒で注意すべきこと

注意することは4つです。

  1. 鍋に布巾を敷く
  2. 沸騰した後、瓶の衝撃を和らげます。敷かずに煮沸消毒もできますが、傷や割れを防ぐ為にも敷くと安全です♪

  3. 水の状態から瓶を入れて、火をつける
  4. お湯の状態から瓶を入れると、割れる恐れがあります。水の状態から必ず入れるようにしましょう。

  5. フタは煮沸消毒OKか確かめる。変形が心配なら2~3分で取り出す
  6. 物によっては煮沸消毒NGなんてフタもありますので注意してください。変形が心配な場合は、瓶よりも早く取り出してくださいね。

  7. 取り出す際には、お湯に気をつける
  8. お湯が垂れてきたり、瓶が滑り落ちたりする危険があります。十分、気をつけてください。

安全に行うためにも、こちらの4点のポイントはおさえましょう(^^)

もし、瓶を取りだすときの火傷が心配だな・・なんてときは、こんなグッズも便利ですよ♪

煮沸消毒の専用トングなんですが、プリンや茶碗蒸しを作る際にも使えちゃいます(^^)

以前は、こんなトングや菜箸を使って煮沸消毒していたんですが、お湯がかかっちゃうこともあって(汗)

tongu3

でも、これを使ってからはストレスフリーになりました(^_^)

tongu4

中に入ったお湯もスムーズに出せるし、フタも楽に取れますよ♪

tongu5

お手軽な値段なので、近くで売っていたらぜひチェックしてみてください(^^)

では、次に煮沸消毒の豆知識をお伝えします♪

煮沸消毒~豆知識~

沸騰(100℃)の状態で5分間以上の煮沸消毒をすれば、細菌やウィルスは退治できると言われています。

一般的に細菌は乾燥に弱いので、煮沸消毒後は布巾を使わずに、余熱で乾燥させるということもポイントです。

その後、食品を詰める際に使用するスプーンなども煮沸消毒できれば尚、安全です。

煮沸消毒を学んでみてφ(.. )♪

いかがでしたか?
ポイントをおさえてしまえば、煮沸消毒も簡単!ということが伝わりましたら嬉しいです(^^)

念のため、ポイントを最後にまとめてみますね。

  • 布巾を敷いた鍋で、水の状態から入れる
  • 沸騰させた状態で、5分は煮沸消毒する(変形の恐れがあるフタは2~3分で引き上げる)
  • 清潔な布巾の上で、自然乾燥させる

くれぐれも火傷にはお気をつけください。
お料理がさらに楽しくなりますように・・(*^-^)

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)