あさりの砂抜き方法!スーパーで買ってきた場合は?

スーパーで買ってきた、あさり

asari3

こんな風に、『砂抜きしてから、お使いください』って表示があれば、砂抜き必須ですが・・
表示がなかったとしても、したほうが良いそうなんです。

料理をするようになって、何度あさりの砂抜き方法を調べたことでしょう。

  • 砂抜きの時間
  • 塩の濃度
  • うっかり冷蔵庫に入れちゃった場合

あれ?どうだったけ?と学習力がなかったのでした・・(汗)

なので、今回はそんなスーパーでゲットした、あさりの砂抜き方法をまとめておきたいと思いますo(^o^)o

スポンサーリンク

なんと!
調べていたら、旨みをアップさせる裏技も発見しましたので、後ほどご紹介しますね(^^)

では、砂抜きの方法について、見ていきましょう♪

スーパーのあさり【砂抜き方法】

売られている砂抜き済みのあさりでも、完璧に行われている訳ではないので、家庭でも砂抜きする方は多いそうです。
ジャリっと砂が残らないように、手間はかかりますが、砂抜きを行っていきましょう♪

購入して帰ってきたら、冷蔵庫に入れずに、まず砂抜きを!
冷蔵庫でしばらく放置してしまうと、冬眠状態のようになり、砂を吐き出すまで時間がかかってしまうそうです(汗)

用意するもの

  • 網付きバット
  • お水・・・1000ml
  • 塩・・・・大さじ2
  • 新聞紙またはチラシ

海水と同じ3%濃度の塩水で、砂抜きをしていきます。
小さめのバットなら、500mlのお水に大さじ1杯で足りるかと思います(^^)

では手順を見ていきましょう♪

手順

  1. まず、あさりをバットの網に重ならないように並べる
  2. asari8

    網を重ねることで、吐き出した砂を、またあさりが吸い込んでしまうことを防ぎます

  3. 塩水を、あさりが浸かる程度に入れる
  4. asari5

    塩水は、20℃くらいがベストです。
    冷たすぎないように気をつけましょう。

    asari4

    完全に浸けると、呼吸ができなくなってしまうので、少し出るくらいに注ぎます。

  5. そして、新聞紙やチラシなどで蓋をして、2~3時間放置する
  6. asari6

    真夏でお部屋がすごく暑いとき以外は、常温で放置します。

    なるべく、元の環境に近づけてあげることで、リラックスして砂をたくさん吐き出してくれるのだそうですよ♪
    海水と同じ濃度の塩水と、静かな暗闇を作ってあげれば、活発に水管を出してくれます。

    また、砂だしする際には水がはねるので、新聞紙やチラシは、周りが水浸しにならない効果もあるのです(^^)

    今日のあさりの砂は、少なめでしたが、こんな砂が出てきます。

    asari7

  7. 最後に流水でこするように、表面の汚れを落とす
  8. asari9

    スーパーのあさりは、砂だしが終わったら塩抜きは必要ないのだそうです。
    流通段階で、塩抜きがされているんですって♪

    使う前に、流水でこすりながら、表面の汚れを落としましょう。
    これで砂抜きは完了です(^^)

    塩抜きって?

    アサリに含まれる海水を抜く作業です。
    潮干狩りで採ってきたアサリは、砂抜き後、ザルにあげた状態で1時間程、放置して塩抜きします。

でも、まだ美味しくできる裏技がありました!なんと、旨みが7倍も増えるらしいのです!!

そんな方法があるなら、やるっきゃない(^^)!
もし、急いでなければ、ぜひ一晩これをしてみてください♪

スポンサーリンク

あさりの旨みを7倍UPさせる方法

砂抜き後、一晩放置しておくだけで、旨みが7倍もUPする方法がありました!
手順は次の通りです(^^)

旨み7倍UPの手順

  1. 砂抜き後、バットの網に重ならないように並べる
  2. アサリが乾燥しないように、濡らしたキッチンペーパーをかぶせる
  3. 一晩、そのまま放置する

こうすることで、旨み成分【コハク酸】が増えるんですって♪
テレビでも紹介された、貝料理専門店の店主さん直伝の方法でした。

ちなみに、アサリは平たいものと厚いものだったら、平たいものが美味しいのだそうです。
一見、厚いほうが身が大きそうですが、平らであればある程、身がギュっと詰まってるそうですよ(^^)

asari11

では、買ってきて冷蔵庫に入れてしまった場合についても確認しておきましょう。
さらに、死んでしまったアサリの見分け方と、砂抜きを急いでいる場合の緊急方法も発見しましたので、ご紹介しますね♪

アサリを冷蔵庫に入れてしまったら?

帰ってきて冷蔵庫にしばらく入れておくと、アサリは冬眠状態になるようです。
その為、砂抜きを開始しても吐き出しが遅いので、砂抜き時間を多めにとりましょう。

死んでしまったアサリを見分けるには?

流水でこすりながら洗い流すときに、水を溜めたボウルにアサリを入れます。

このとき、アサリの口が開いていて、指で閉じてみても、また開いてしまって自力で閉じられないものは、死んでしまっています。
割れていても、口が閉じているものに関しては大丈夫。

生きていないものは残念ですが、一緒に調理すると味が落ちるので、調理前に取り除きましょう。

asari12

砂抜きを急いでいる場合は?

すぐにアサリを使いたい!なんて場合は、50℃洗いという方法があります。

50℃洗いの手順

  1. 50℃のお湯に入れて、口が開いてきたら2~3分、全体をかきまぜる
  2. (ゴム手袋などをして、火傷に注意してください)

  3. 冷水に移して、2~3分かきまぜて水気をとる

50℃のお湯に入れると、アサリの水管がウニョウニョ出てきます。
これは、ヒートショックを受けて、身を守ろうとしている行為なのだそうです。

水分を吸収して身を出してきている為、この状態でかきまぜると、砂や汚れを吐き出してくれます。
しかも、50℃洗いをしたアサリの身は、ふっくらした仕上がりになるのだそうです。

わたしはまだ挑戦したことはありませんが、話題になった方法です。
ただ、『砂が残って失敗してしまった』といった声もありましたので、こういったことに注意しましょう。

50℃洗いの注意点

  • 温度に気をつける
  • ・・・43℃以下だと、菌が繁殖し、60℃以上だと身が煮えてしまいます。

  • お湯が濁ったら、お湯を取り替える
  • ・・・汚れでお湯が濁り過ぎたら、1度お湯を取り替えて、冷水に入れます。

でも、こんな方法があったとは、ビックリですね!
旨み成分や栄養分は残ったままなのだそうです(^^)

asari10

うめのまとめφ(.. )

いかがでしたか?
今回さらに調べてみて、新たな発見がいっぱいでした(^^)

とりあえず、買ってきたら砂抜き!しましょう♪
500mlのお水に大さじ1杯の塩と覚えてくださいね。

また、塩水の温度も注意です。
旨み成分のコハク酸も最大限に引き出して、美味しくいただいちゃいましょう♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)