窓にシートを貼って結露対策をしてみました

北海道に暮らし始めて1年目、寒くなってきた頃・・
窓の結露にビックリして、慌てて購入したものがありました。

keturo-seet

結露対策のシートです。

アパートの窓は二重構造ではなかったので、どうしてもできてしまう結露に悩み・・
かといって毎日拭き掃除する自信がなかったので、購入しましたσ(^_^;)

購入したものは、一番安かったいわゆるプチプチと、水で貼る少し高級なタイプのもの。

今回はこちらの2種類を貼った様子と感想を、写真付きでご紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは2種類のシートを貼った様子から、ご紹介しますね。
その後に貼ってみた感想や、注意してほしい点などについてまとめていきます(^^)

窓の結露対策シートを貼ってみた様子(2種類)

ホームセンターで購入した結露防止シートは、こちらの2種類です。

  1. ボーダーライン状の水で貼るタイプのシート
  2. 一番安かった、テープで貼るタイプのプチプチ

1つずつ、貼った様子を見ていきましょう♪

【1】ボーダーライン状の水で貼るタイプのシート

こちらはリビングの大きな窓用に購入しました。
プチプチだと安っぽく見えるかな?と思っての購入です。

このシートは、霧吹きで水をかけて密着させていきます。

keturo-seet5

ピッタリフィットさせると、意外と違和感のない見た目でした(^^)

keturo-seet7

外の景色は見えにくくなりますが、このように光は入ります。

keturo-seet

外からの見た目は、こんな感じでした。

keturo-seet8

【2】一番安かった、テープで貼るタイプのプチプチ

次はプチプチです。
寝室や小さな窓に使用しました。

keturo-seet4

こちらも水で貼るタイプはあるのですが、当時のホームセンターで一番安かった、テープ付属のものを購入しました。

keturo-seet3

見た目は中から見ても、まさにあのプチプチ(笑)

keturo-seet9

外から見ても分かるので、見た目の安っぽさが気になる方もいらっしゃるかと思います。

では、我が家で使ってみた感想をメリット・デメリットに分けて、まとめてみます。

スポンサーリンク

窓の結露防止シートを貼ってみた感想

メリット

  • 結露が減る(貼り方が甘く、ピッタリ貼れなかった部分は結露してしまった)
  • 外からの目隠しになる
  • 断熱効果もあり、部屋が暖かくなる

シートを貼ったことで、結露はすごく少なくなりました
ただ、上手くピッタリと貼れていなかった部分だけ、結露してしまうときがありました。

水で貼るタイプは剥がして気軽に貼り直せますが、テープタイプだと面倒かと思います。

また、外からの目隠しにもなり、断熱効果もあるので、暖房費の節約にもなるところが嬉しかったです(^^)

デメリット

  • 貼っていなかったときに比べて、部屋が暗くなる(特に曇りの日は暗い)
  • 窓の大きさに合わせてカットする工程が、少し大変
  • 水で貼るタイプは、繋ぎ目が剥がれやすい
  • プチプチは安っぽく見える

一方デメリットとしては、まず部屋が暗くなること。
断熱効果で暖房費の節約になっても、電気をつける時間は増えてしまうかもしれません

また、窓の面積が大きい場合などは、カットする手間が少し大変かな・・と思います。
わたしは主人と2人がかりで行ったのですが、『1人ではかなり時間がかかっただろうな』と貼り終わって感じました(゚ー゚;A

それから、カットして繋ぎ合せた部分が、気が付くとペロッと剥がれていたこともしばしば・・。
買い物から帰ってきて、「あ、剥がれてる・・」と貼り直したことが何度かありました。

我が家での失敗談

そして、我が家の最大の失敗があります。

それは、プチプチの付属テープが無くなって、家の両面テープで応急措置してしまったこと。
忙しさを理由に、専用テープを買いに行きませんでした。

そして春になって、「そろそろ結露防止シートを剥がそうか♪」となったときに、テープがガッツリ残ったのでした・・。
当たり前っちゃ当たり前ですよね(汗)

結局、こんな感じでシールを剥がしたのでしたσ(^_^;)
ガラスに貼ったシールの剥がし方!キッチンにあるコレで?!

テープタイプは一手間ありますし、どちらかといえば、こちらの方が結露しやすく、テープがダメになってしまうこともありました。

なので、個人的には水で貼るタイプか、こういった水もテープも不要のシートがオススメです。

これは、柄付きで可愛いですね♪
お隣さんが、雪の結晶のシートを貼っていたのを見たのですが、これまた可愛かったです(^^)

うめのまとめφ(.. )

結露防止シートの口コミを見ていると、結露してしまったという声も多くあるので、貼り方や環境で左右されるんだなぁと思います。

  • 隙間のないようにピッタリ貼る
  • 部屋の湿度に気をつける
  • 換気もこまめにする

などに気をつけて、
「シートを貼ったから、これで完璧!」とは思わないほうが良いでしょう。

ですが、断熱効果で部屋の暖気も逃げにくいので、そういった面ではオススメです。

我が家は、今年貼らずに洗剤で結露対策しているのですが、寒さに耐えられなくなったら、また貼ると思います(笑)
やっぱり窓に近づく程、寒いんですよね\(;゚∇゚)/

シートにもデメリットはもちろんあるので、ぜひご家庭に合った結露対策を見つけてみてくださいね。

ちなみに今季試している、洗剤での結露対策の様子はこちらです♪
窓の結露対策!洗剤って本当に効くの?
ナチュラルな方法でのカビ掃除についても、まとめました(^^)
窓のカビ掃除は重曹でできるの?効果的な方法とは!?
スポンサーリンク

コメントを残す

*
*
* (公開されません)