ポチ袋を手作り!折り紙で簡単に定番型を作るには?!

スポンサーリンク

いつもポチ袋はコンビニで買っていたのですが、今年は手作りすることにしました。

折り紙で作ったのですが、結構いい感じにできました(^^)
しかも、とても簡単なんです♪

さらに無くても作れますが、もっと楽に作れるポチ袋テンプレートなる商品も購入してみました。

綺麗にさっと作ろうと思ったときには使えるので、そちらも合わせてポチ袋の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

【簡単】定番お年玉袋の作り方

まずテンプレート無しで作る方法です。

用意するもの

  • 折り紙
  • はさみ
  • のり

手順

まず折る前に、折り紙はできたら2枚重ねることをオススメします。(普通の折り紙の場合)

(十字、X字、外周・・・と全体的にのりを塗って、くっつけました)

後ほど、1枚と2枚の差を写真で載せていますが、やはり2枚の方がしっかりしていて安っぽさがありません。

① 中央に向けて両側を折る

お札が入るように、自分の好みの幅に調整します。

②折った部分を糊付けする

③ 上部を切り取る

この部分は大きさを調整するため、切ってしまいます。

④ 角4箇所を切る

写真では全て同じ大きさで切っていますが、上部を大きく切っても綺麗な見た目になります。

⑤ 切った部分に折り目をつける

⑥ 片側を切り取る

2枚とものり付けすると分厚くなってしまうので、折り込む内側1枚は切り取ってしまいます。

⑦ 下部をのり付けする

ポチ袋の形になってきました♪

⑧ 上部の始めに2枚重ねした箇所が剥がれていないか確認する

剥がれていれば再度のり付けします。
ここが剥がれていると見た目も悪くなるので、しっかりくっついているか確認します。

大丈夫なようなら、これで完成です(^^)

ミニサイズと、普通サイズを作ってみました。(実際に写真で手順をご紹介したのは、右側の普通サイズです)

写真だと分かりにくいのですが、

  • ミニサイズは、折り紙1枚
  • 普通サイズは、折り紙2枚

で作ってみました。

実際際に千円札を入れてみます。

こちら見えるでしょうか。1枚のミニサイズは、お札が透けてしまってます。

持ってみても、なんだか頼りないお年玉袋です。

なので作るときは2枚重ねを個人的にはオススメします。
またはクラフト紙やちょっと厚手の折り紙だと安心だと思います♪

ではポチ袋テンプレートを使って、今度は作ってみます。

スポンサーリンク

【ポチ袋テンプレートで】定番お年玉袋の作り方

最初聞いたときは、そんな物があるなんて知らず、ビックリしました。

このテンプレートで折り紙など好きな紙に目安となる線を引き、ポチ袋を作っていきます。

① 折り紙の裏面にテンプレートを使って線を引いていく

このように線が引けました。

② 線に沿って切り取っていく

線の内側を切って下書きが見えないように切りました。

③折り目をつけて糊付けする

まず中央をのり付けして・・

下部も糊付けしたら完成です。
簡単かつ綺麗にできました♪

このテンプレートはポチ袋サイズだと一番大きな枠を使うのですが、それ以外にも3種類のミニポチ袋が作れます。

また余談ですが、封筒テンプレートなる物もありました(^^)

簡単に量産したいときに、とても便利そうです。

うめのまとめφ(.. )

手作りのポチ袋は意外と簡単にできました(^^)

折り紙でも2重にすれば、しっかりした物が作れます。

大量に作りたいときはテンプレートが大活躍しそうです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました