洗濯機の掃除は酸素系漂白剤で!お水じゃなくてお湯が鍵?

スポンサーリンク

洗濯槽のお手入れって、どのくらいのペースで行われていますか?

sentakusou

わたしは今まで、年2回くらいのペースでした。
でも夏場はカビや菌が発生しやすいので、特に注意すべき時期なのだそう。

なので今年は頻度を増やそうと、今から計画中です(^^)

最近はテレビでも話題になったりしてますが、洗濯槽のお手入れは酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)が便利。
そして、お水ではなくお湯を入れることもポイントです♪

今回は洗濯槽のお手入れ方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

洗濯槽の掃除に用意するもの

kako-gnwbNvI6Fag5eYRT

  • 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)
  • クエン酸
  • すくい網

クエン酸は無くても綺麗になるのですが、掃除後の汚れ防止になります♪

sentakusou3

ちなみに、このすくい網はお風呂用で100円ショップ(セリア)で購入しました(^^)

スポンサーリンク

洗濯槽のお掃除手順

①洗濯機の最大量までお風呂より少し熱めのお湯を張る

火傷されないように気をつけてください。

sentakusou2

北海道では、このようにお湯も出るようになっていて便利なのですが、東京に住んでいたときは、お風呂場からお湯を汲んで・・とここが一番の重労働でした(汗)

②酸素系漂白剤を加える

kako-HigQVLvSJpnF46HY

量の目安は、最大水量60リットルの洗濯機で約200グラムです。

③洗いモードでしばらく回し放置して汚れをとる

kako-e66SruYlxTzOVjve

汚れがウヨウヨと浮いてきます。

kako-CaqoiaI6ODjmq2SZ
(↑冬場は汚れが少なめです)

④何回か繰り返し5時間~1晩、放置する

kako-yk5mWpHx5RoqydBt

⑤浮いた汚れを取り排水する

⑥濯ぎを2回して、2回目のタイミングでクエン酸を15グラム加える

kako-wwPLZdSIMKjyHPZW

これで、お手入れは完了です(^^)

もし濯ぎのタイミングで汚れが残っていたら、まだ頑固な汚れが残っている可能性があります。
そうなると、もう1度浸け置きから・・となります/(=ω=。)\

洗濯頻度が多ければ、それだけ洗濯槽も汚れやすくなるので、見極めて小まめに綺麗にしたいところですよね。

スポンサーリンク

洗濯槽のお掃除にお湯が必要な訳

洗濯槽の臭いの原因は細菌と言われています。
なので衣類が臭う・・なんてときは、洗濯機の細菌汚れが付いている可能性があります。

細菌は洗濯槽の汚れを目当てに繁殖・・
この汚れは、衣類から出た汚れだけでなく、洗剤カスも含まれるのです。

ですので、たとえナチュラルな洗剤で洗濯したとしても、洗濯槽は洗剤で汚れてしまいます。(もちろん合成洗剤でも)

なので洗濯機を使っているからには、定期的な洗濯槽のお掃除が必要不可欠なんですね。

酸素系漂白剤をお湯で浸け置きするのは、この高温によって力を発揮する為です。
お湯だと汚れが柔らかくもなりますし、化学反応で酸素系漂白剤が発泡する為、汚れ浮き上がる効果もあるんです。

最初は熱いお湯を洗濯機に入れて大丈夫なのかな?と心配しましたが、浸け置き後はスッキリサッパリ♪(ですが50度以上で行うと、洗濯機のプラスチックを傷める可能もあるので注意してください。

また、細菌を増やさない為の普段からのポイントもあります。

  • 洗濯機を使用しない時間は蓋を開け、乾燥させる
  • 洗濯機がある場所もなるべく換気する
  • 脱いだ衣類は、洗濯機に入れて放置しない
  • クズ取りネットは、毎回綺麗にしておく

これらも意識されるとより安心です♪

うめのまとめφ(.. )

洗濯槽のお掃除は

  • 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)と熱めのお湯(50℃以下)で浸け置きする
  • 浮いてきた汚れをすくってから排水する
  • 濯ぎ2回を行い、2回目にクエン酸を入れることで汚れ防止になる

温度・湿度が高くなる季節は、汚れに細菌が繁殖しやすくなります。

洗濯物が細菌で臭ってしまう前に、洗濯槽を綺麗にしておきたいところですよね。

細菌を増やさない為にも日常で予防できることもあるので、家族にも呼びかけて気をつけようと思います(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました