水芭蕉の花言葉の意味とは?英語での呼び方にも注目!

スポンサーリンク

水芭蕉(ミズバショウ)が咲くと、ここ北海道でも春がやってきたなぁと感じます。

mizubasyou3

可愛らしくもあり綺麗に凛と咲く、この水芭蕉ですが、花言葉もとても美しいんですよ♪

そして、初めて知ったときは驚いたのですが、英語の呼び方が凄いんです。
ギャップが半端ない・・(;゜゜)

こんなことも知っておくと、水芭蕉を観察することが更に楽しくなってしまうかもしれません♪

今回はそんなオマケ情報も含めて、水芭蕉の花言葉をまとめてみました。

スポンサーリンク

水芭蕉の花言葉

花言葉は、こちらの2つです。

  • 美しい思い出
  • 変わらぬ美しさ

はっきりとした由来は定かではありませんが、「夏の思い出」という尾瀬に咲く美しい情景の歌から、この花言葉がついたと言われています。

しかし、北海道ではに水芭蕉が咲きます。
「なぜ?」と最初は疑問でしたが、これは雪解けの時期が関係していました。

水芭蕉は雪解けの時期に咲くお花なのですが、尾瀬の雪解けは6月頃の初夏、そして北海道の雪解けは4月終わり~5月にかけて。
なので、この時期に北海道は咲くのですね(^^)

少し話しが脱線してしまいましたが、次は水芭蕉の英語での呼び方です。
これがビックリしました。

スポンサーリンク

英語での呼び方は美しさのカケラもない?!

こちらは花言葉ではないのですが、英語での水芭蕉の呼び方が衝撃的なので載せることにしました。

なんと、その呼び方は・・
アジアン・スカンク・キャベツ!

スカンク、キャベツ・・。一体、なんのことやらといった感じです。

mizubasyou5

日本では、この呼び方に納得のいかない方もいらっしゃるようです。

というのも、スカンクキャベツというのは、水芭蕉と同じサトイモ科の座禅草(ザゼンソウ)の呼び名。

zazensou

こちらは茶褐色で水芭蕉と違い、あまり目立たないお花です。

そして最大の特徴が、臭い
座禅草は、ハエに花粉を運んでもらう為、腐った肉のような臭いを出しているんです(;゜0゜)

だから、スカンク。
また、見た目の雰囲気からキャベツという名も付いています。

水芭蕉は座禅草の仲間だから、アジアン・スカンク・キャベツと呼ばれているのです・・。

でも、水芭蕉は見た目も美しく花は良い香りがするのです。
これは大きな違いで、可哀想な点。

だから、納得のいかない方もいらっしゃるのでしょうね。

だけど、水芭蕉もハエに花粉を運んでもらっているのは事実で・・(風も運んでくれますが)
ブ~ンと水芭蕉にもハエは近寄ってきます(゜.゜;)

だから、仲間と感じる点もあるのですが、もうちょっとどうにかできなかったものかなぁと考えさせらる、英語での呼び方なのでした。

mizubasyou6

うめのあとがきφ(..)

アジアン・スカンク・キャベツという、英語での水芭蕉の呼び方が衝撃的でしたが、花言葉は『美しい思い出』と『変わらぬ美しさ』でした。

毎年、雪解けの時期になると可愛い姿を見せてくれる水芭蕉。

きっとこのページを読んでくださった方は、スカンクを思い出されるかと思いますが、素敵な鑑賞の思い出となりますように..*

コメント

タイトルとURLをコピーしました